ショーゼンさんの 川柳いろは教室

2012年12月26日

»著者プロフィール
著者
閉じる

杉山昌善 (すぎやま・しょうぜん)

1943年生まれ。川柳は川柳作家・時実新子氏に師事、テレビ・雑誌などさまざまな媒体で選者を務めるほか、都内を中心に川柳教室などを開く。著書に『今日から始める現代川柳入門』、『60歳からの新しい川柳』(実 業之日本社)ほか。

 こんにちは、川柳作家の杉山昌善です。あっという間に歳末ですね。

 ことしの春から始まったこの「川柳教室」をお読みくださり、ありがとうございました。少しでも川柳詠みが楽しくなってきたら、僕はすごくうれしいな。

 さて、一年最後の回も川柳づくりのコツをお教えしましょう。

第一発想を捨てよう

ショーゼン ところでのぞみさん、もう大掃除は済みましたか? 

のぞみ いま真っ最中です。何日もかけて要るモノ要らないモノを選り分けているんですが、なかなか捨てられないんですよね・・・・・。

こだま えいやっと愛着を断ち切らないと、“断捨離”は進まないわよ。でも捨てるとね、無いなりに次の新しい手が見えてくるの。

ショーゼン そうそう、川柳もあるものを「捨てる」ことで、ぐんとレベルアップするんですよ。何を捨てるか。それはね、「第一発想」を捨てるんです。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る