書籍詳細

中国全球化が世界を揺るがす
国分良成 編著

目次


全球化――グローバリゼーションを中国語ではこう言う。

いま新聞を、中国のWTO(世界貿易機関)加盟問題が賑わしている。このWTO加盟にはじまる中国の全球化は、150年間屈辱の歴史を送ってきた国が、世界の大国たらんと復興を目論むシナリオである。

しかし、内情は疲弊の極限にある人口大国が、追い詰められて打ち出すシナリオには無理がある。それゆえ、全球化は中国の国内に激震を呼び、その余波は「環境破壊」「難民流出」「食糧危機」などの形で、確実に日本や世界に衝撃を与えようとしている。

全球化に揺れる中国の実態とは。中国全球化が日本や世界に与えるインパクトと は。21世紀にわれわれは途上国の発展をどう受け止めるべきか。

<書籍データ>
◇B6判並製、236頁
◇定価:本体1,200円+税
◇2000年11月21日発行

<著者プロフィール>
国分良成
(こくぶん・りょうせい)
慶應義塾大学法学部教授・同大学地域研究センター所長。1976年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。慶應義塾大学専任講師、助教授を経て、92年より教授。この間、ハーバード大学、復旦大学(上海)、北京大学などの客員研究員を歴任。著書に『中国政治と民主化』(サイマル出版会)、『アジア時代の検証 中国の視点から』(朝日選書)、『中華人民共和国』(ちくま新書)、編著に『グローバル化した中国はどうなるか』(新書館)など。

中国全球化が世界を揺るがす

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号(10月20日発売)

特集
「大量離農時代」の切り札 スマート農業

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年11月号

2017年11月号

特集
よみがえれ、湖国の恵み

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。