世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2013年2月12日

»著者プロフィール

 他方、ケインジアンとして知られるクルーグマンは、欧米、特に欧州における財政赤字対策としての緊縮策は経済の長期停滞をもたらすとして批判的で、景気の低迷から脱却するためには大胆な行動が必要であり、安倍総理の政策はオーソドックスな見方に対する挑戦であると評価しています。

 「アベノミクス」は、日本経済の長期停滞の打破を目指した大胆な政策であり、財政出動も単なる従来の不況対策ではなく、その大胆な政策の一環としてみるべきなのではないでしょうか。

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る