書籍詳細

下請けやめてニッチをめざせ!!―不況知らずの超優良企業
日比恒明 著

目次
立ち読み


小さい会社が生き残る!市場を制すモノづくりの極意とは--。

東京の大田区にあったその会社は、典型的な零細企業であった。社屋は築三十年以上経過した木造二階建てで、排気ガスで建物全体が煤けたみすぼらしいものだった。
しかしそれは世を忍ぶ仮の姿。実は黒字を隠さなければならないほどの「超」優良企業であった--。

マーケットが小さいために大企業では引き受けたがらない商品を、数年かけて確立したオンリーワン技術で開発。それを少量だけ製造し、高い付加価値を付けて売ることで、ばく大な利益を叩き出す。

本書では、「ニッチ」をめざして成功した18社の事例をひもとき、したたかに生きるニッチ企業の秘密を探る。
独立心のある企業主、ビジネスマンにとって、まさに必読の1冊。

<書籍データ>
◇四六判上製本、316頁
◇定価:本体1,800円+税
◇2002年3月23日発行
◇ISBN: 4-900594-49-0

<著者プロフィール>
日比恆明
(ひび・つねあき)
日比特許事務所所長、弁理士。愛知県生れ。旅行と写真が趣味で、10年がかりでカリブ海の28カ国のリゾートホテル、ゴルフ場を取材した。その一部は、『世界の異色リゾートホテル』(日経BP社)に掲載された。終戦時の玉音放送に関心を持ち、関係者から聞き取り調査を行う。被調査者は300名以上。「『玉音放送』をどこで聴きましたか?」を月刊誌『新潮45』平成12年8月号に発表。現在、外地で放送を聴取した体験者の調査を継続中。オーストラリアで保存されていた英語玉音放送の録音を平成12年に発見する。

 

下請けやめてニッチをめざせ!!―不況知らずの超優良企業

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2017年9月号

2017年9月号(8月20日発売)

特集
捨てられる土地 登記しない地権者、ツケを払う次世代

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2017年9月号

2017年9月号

特集
樽と桶 木の〝うつわ〟の味な話

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。