あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2013年5月24日

»著者プロフィール

 こんにちは。「みんなの経済新聞ネットワーク」(略して『みん経』)です。めっきり暑くなった昨今。こんなときはビールを飲みながら、ソースの効いたお好み焼に舌鼓を打つのもいいですよね。ところで、5月7日は「コナモンの日」だったのをご存じですか? コナモンとは、関西地方の方言で「粉もの」をさす言葉。そんなコナモンの日にちなんだニュースをご紹介します。

たこ焼きの食べ比べも!
芸人のたむらけんじさんと「だしツッコミ会議」

 2003年に日本コナモン協会によって制定された「コナモンの日」。「5(こ)月7(な)日=こな」という語呂合わせから、コナモンの魅力をPRする日として定められています。たこ焼きやお好み焼きなどさまざまなコナモン名物がある大阪の、コナモンの日にちなんだイベントがこちら。

 * * *

5月7日は「コナモンの日」-大丸心斎橋店で「だしツッコミ会議」 (なんば経済新聞/2013年/5/10)

 大阪・心斎橋の「大丸心斎橋店」(大阪市中央区心斎橋筋1、TEL 06-6271-1231)で5月7日、日本コナモン協会設立10周年を記念して「だしツッコミ会議」が開催され、同協会会長の、熊谷真菜さん、お笑いタレントのたむらけんじさん、梅花女子大企画部の「だしツッコミ隊」のメンバーが登場した。

コナモン協会会長の熊谷さん(左)とお笑い芸人のたむらけんじさん(右)

 2003年に設立された同協会は、「食シーンに欠かせない存在としての偉大なるコナモン」をキーワードに、コナモンの魅力を「面白まじめ」に考える「民間道楽団体」。5月7日をコナモンの日と定め、コナモン文化の普及を目的とした食に関わるイベントの開催や、書籍出版などさまざま活動を行っている。

 イベントでは、「うまさの基本は、だしツッコミ!」をテーマに、熊谷さんらが大阪で確立されたダシ文化が粉もんを発展させた歴史について話したほか、一般の参加者に、大阪の軟水と市販の硬水でとったダシの試飲や、ダシのあり・なしによるお好み焼きの食べ比べを行い、大阪の味をアピールした。参加者は「大阪の軟水で育った昆布からこんなにおいしいダシがとれるとは知らなかった」などと話した。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る