田部康喜のTV読本

2013年5月29日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

自らの可能性を切り開こうという強い意思

 サスペンスドラマの定石は、毎回ゲストスターを起用して、その俳優が犯人となる。ヒーローとヒロインは、その犯人を追いつめる。

 湯川と岸谷は、物理学の知識と推理を組み合わせて、野木の自白を引き出す。動機は、研究者としての野木が部下に抱いたライバル心と嫉妬であった。

 高い視聴率を獲得して、テレビドラマが成功するためには、そのストーリーが視聴者の共感を呼ばなければならないことはいうまでもない。そして、登場人物のキャスティングである。

 「ガリレオ」のこの回のキャスティングをしたプロデューサーと演出家には、吉高と夏川それぞれの鮮烈な映像のイメージがあったのは間違いないであろう。

 女優が鮮烈な映像に出演する覚悟とはなんなのだろうか。全身をさらして、からだを投げ打って、自らの可能性を切り開こうという強い意思であろう。

 夏川はその賭けに成功して、本格女優の仲間入りを果たした。吉高はどうか。「ガリレオ」の演技は、その試金石である。 (敬称略)


[特集] ひと味違ったエンタメ情報を!
 
「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る