2013年7月号
検証 ミャンマーブーム

■特集.1
検証 ミャンマーブーム

◎更地の「ティラワ」 vs ユニクロも進出検討「パティン」
◎中国と同化進む、パイプラインの街「ラショー」
◎「ダウェー」開発は東南アジアにおける日本の生命線

「駐在員事務所を開設した」、「安倍首相が財界人40人を連れてミャンマー訪問」。日本にいると、あたかも日系企業の進出が進んでいるように錯覚する。だが、実業を伴って進出した企業は少なく、どこも「現地を調査中」。首都では欧米化が着実に進み、地方では現地資本による工業団地の造成も始まっている。1年ぶりに現地を訪れてみると、日本からは見えないミャンマーの姿が浮かび上がってきた。
WEDGEミャンマー取材班(友森敏雄、井上裕文)

 
 ■特集.2
不妊治療の光と影

◎「晩婚化」と「卵子の老化」の間で
◎治療のバラつき、不確実性にさまよう夫婦

「卵子の老化」に晩婚化、治療費総額数百万円。不妊治療の不確実性は大きく、結局出産できるのは全体の半数以下だ。「ステップアップ法」か「早めに体外受精」か、高刺激法か低刺激法かなど、治療方針は医療機関によって大きくバラつきがあるため、不妊夫婦は様々な情報に引っ張られながらさまよっていく。不妊治療には出産以外に終わりがないため、必然的に長期化していく。医療はビジネス化し、夫婦は疲弊していく。不妊治療で救われた夫婦が多くいる一方で、見過ごされてきた「影」の部分に迫る。


■WEDGE OPINION.1
仮想敵は日本
韓国軍が狂わせる日米韓の歯車
勝股秀通(読売新聞調査研究本部主任研究員)

■WEDGE OPINION.2
将来性高い北極海航路
オブザーバー入りの追い風活かせ
北川弘光(海洋政策研究財団特別研究員)

■WEDGE OPINION.3
現実化するサイバー戦争
集団的自衛権と対外諜報の容認を
大澤 淳(世界平和研究所主任研究員)

■WEDGE Report.1
世界を席巻する音楽配信サービス
黒船“Spotify”上陸へ 音楽産業鎖国解くか

■WEDGE Report.2
現地ルポ・モンゴル新空港建設
円借款事業でもサムスンに負けた
吉村慎司(フリージャーナリスト)

■WEDGE Report.3
3本目の矢 成長戦略の要
笛吹けど踊らず? 医療の「産業化」

■Point of View.1
TPP コメも聖域にするな 「特区」で農政改革を
談・本間正義(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)

■Point of View.2
韓国が羨む「再処理特権」 六ヶ所の稼働を急げ
金子熊夫(外交評論家、エネルギー戦略研究会会長)

■BUSINESS TOPICS
エアバス 遂にボーイングの牙城 JALから受注か

■Interview
ゆるキャラ「バリィさん」生みの親 宮田麻子さん
「デザイナーの原点は職業訓練校でした」

ReSET by 八尋俊英
学ぶ機会の格差是正に寺子屋を

経済の常識・政策の非常識 by 原田 泰
女性管理職の比率向上が握る日本の将来

喧嘩の作法 プロが語る知財戦略 by 久慈直登
直接交渉の兵法は「敵を知る」

復活のキーワード by 磯山友幸
株式市場に必要なのはカネだけではない

World Rice by 田牧一郎
日本のコメは大幅にコストダウンできる

AROUND THE WORLD 山師の手帳 by 中村繁夫
もはや隠蔽は無理 「和諧社会」目指す中国

RED CAPITALIST 赤い資本家たち by 富坂 聰
弓矢より速い規模拡大 蒙牛乳業・牛根生

中東上級講座 by 畑中美樹
浮上する米英仏露によるイラク3分割論

ヒットメーカーの舞台裏 by 池原照雄
徹底した「手書き」へのこだわり
ユビキタスエンターテインメント 和製タブレット「enchantMOON」

にっぽんの100人の青年 by 林 えり子
中国産を国産に! 高校中退〝榊王〟の情熱
佐藤幸次さん(株式会社彩の榊 代表取締役)

さらばリーマン by 溝口 敦
経済危機にあえぐ奄美にUターン起業

〔新連載〕読む写真
−今月のCOVER PHOTO−

光を手がかりにして
文・大竹昭子×写真・佐伯慎亮

●新刊クリップ
●フォーラム新・地球学の世紀 佐々木 閑
●世界の記述
●拝啓オヤジ by 相米周二
●読者から/ウェッジから

 

 

 

下部枠線