田部康喜のTV読本

2013年8月7日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 紗干の期待にこたえようとして、美術大学を目指している栞であったが、才能の限界にきづいていた。中学校、高校時代にいじめにあっていたことを紗干に隠していたことも、告白から明らかになる。紗干が信に与えた梨は、栞にとって、幸福を象徴するようにみえたのである。自らの不幸に引き比べて、その絶望は深かった。

社会派ドラマの主旋律となっている
キャストの演技

 脚本と演出は、どこまでも静謐(せいひつ)を保って乱れない。

 自宅に帰った紗干と栞がからみ合うシーンは、母娘の葛藤と、母の愛情の深さを静かに描いていく。

 紗干は、栞の部屋の壁に貼られたデッサンを次々にはずしていく。ベッドに毛布をかぶって「もう死にたい、死にたい」という栞に対して、紗干は手荒に毛布を引きはがすのであった。

 田中裕子と小林薫の夫婦役のみならず、小春役の満島ひかりと栞役の二階堂ふみの演技は、静かにしみ透る社会派ドラマの主旋律となっている。 (敬称略)

[特集] ひと味違ったエンタメ情報を!

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る