書籍詳細

会津 名君の系譜
――悲運をバネに世界を唸らせた「無私」のリーダー像
原口 泉 著

目次
立ち読み

 

いまの日本において優れたリーダーや指導者の不在は目を覆うべきものがありますが、日本の歴史の中には、いまこそ学ぶべき優れた指導者が大勢います。中でも、大河ドラマ「八重の桜」で話題になっている会津藩には、日本のみならず国際社会でも尊敬されている名君・名指導者が非常に多いのです。本書は近世の名君論からはじめて、「会津の血」を日本人の精神遺産──矜持、尊厳、廉直──として普遍化しようと試みました。日本の行く末を考える上で、必読の書です。

<書籍データ>
◇四六判並製、240ページ
◇定価:本体1,400円+税
◇2013年8月25日発売
◇ISBN: 978-4-86310-114-2

<著者プロフィール>

原口泉(はらぐち・いずみ)
志學館大学人間関係学部教授、鹿児島大学名誉教授、鹿児島県立図書館館長。1947年生まれ。東京大学文学部国史学科卒、同大大学院博士課程単位取得退学。専門は日本近世・近代史。特に、東アジア諸地域とのつながりの中で、薩摩藩の歴史研究に取り組む。日本各地から東南アジア、欧米で講演。NHK大河ドラマ「翔ぶが如く」(1990年)、「琉球の風」(1993年)、「篤姫」(2008年)の時代考証を担当。『篤姫』『龍馬を超えた男 小松帯刀』(グラフ社)、『世界危機をチャンスに変えた幕末維新の知恵』(PHP新書)など、著書多数。

 

 

 

 

会津 名君の系譜<br />――悲運をバネに世界を唸らせた「無私」のリーダー像

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2016年10月号

2016年10月号(9月20日発売)

特集
国境騒然 水平線の向こうの攻防戦

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2016年10月号

2016年10月号

特集
マグロ王国 静岡 焼津・清水マグロ紀行

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。