あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2013年8月13日

»著者プロフィール

 こんにちは。「みんなの経済新聞ネットワーク」(略して『みん経』)です。8月12日には高知県四万十市で国内観測史上最高となる41.0度を記録。「もういいよ…」と言いたくなるほどの猛暑の一方で、「ゲリラ豪雨」も連日のように続いています。激し暑さに雨と雷…なんだか空の様子が忙しい今年の夏ですが、「ゲリラ豪雨」についてはどんなニュースがあるのでしょう。

花火大会は中止だけれど…
土産話にDJポリス?

 2万2000発近くが打ち上げられる、東京都の名物花火大会のひとつ隅田川花火大会が、今年はゲリラ豪雨のために残念ながら途中で中止に。同じく葛飾納涼花火大会も中止となってしまいましたが、ここではアノ人が活躍したようです。

* * *

葛飾納涼花火大会ゲリラ豪雨で中止-DJポリスが見物客を誘導 (葛飾経済新聞/2013/7/25)

 7月23日、葛飾区柴又野球場(葛飾区柴又7)で開催予定だった「第47回葛飾納涼花火大会」が中止となり、DJポリスが登場した。

 中止が決定したのはゲリラ豪雨が降り出した打ち上げ開始15分前。打ち上げ台に設置されていた1万2000発の花火玉が水にぬれたため、19時すぎに中止が決定した。

軽妙な口調で見物客を誘導するDJポリスこと警視庁の20代機動隊員

 会場に続く特設大階段横ではカッパを着た「DJポリス」も登場。機動隊の指揮車上で「花火大会は残念ながら雨になってしまいましたが、この先も都内では花火大会がいくつもあります」「家へ帰るまでが花火大会です。風邪をひかないよう温かいお風呂に入ってください」と軽妙なアナウンスで誘導した。

 見物客にビールやつまみなどを特設販売した「zakka cafe野道」の大塚恭子さんは「記憶する限り、柴又の花火が見られなかったことは初めて。この花火を見ないと夏が来た気がしないので残念。来年に期待している」と話す。

 花火大会の準備と片付けを行った葛飾区観光協会スタッフは「多くの見物客が足を運んでくれたが、突然の雷雨で残念。来年は天候にも恵まれた中でにぎやかに行いたい」と期待を託した。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る