あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2013年9月24日

»著者プロフィール

 こんにちは。「みんなの経済新聞ネットワーク」(略して『みん経』)です。秋といえば、「芸術の秋」。各地で見られる美しい風景を写真に収めたくなるのもこの時期ですよね。今回は、各地で行われている写真展の記事について紹介します。

100人が撮った
「路上写真展」、岡崎で

 街の風景を撮った写真が街に貼り出される、地元愛にあふれた企画がこちらです。

* * *

路上写真展「岡崎百人百景」再開-100人が歩いて撮った2799枚 (岡崎経済新聞/2013/9/23)

 台風18号の影響で一時中断していた路上写真展「岡崎百人百景」が9月21日、再開した。旧「セルビ」(岡崎市康生通西3)の解体工事現場保護壁に107人が撮影した写真2799枚が貼り出されている。

ビル解体工事現場の仮囲い壁面に並んだ写真

 「あいちトリエンナーレ2013 まちなか展開拡充事業」(通称まちトリ)」の主催企画で、「岡崎百人百景-私が見つけたまちの新名所 100人撮影会」と題して名古屋は7月20日、岡崎では7月28日に撮影会を行った。

 撮影に使ったカメラは主催者が用意した27枚撮りのレンズ付きフィルム1つ。富士フイルムが「写ルンです」を提供した。岡崎は「中心地の戦災復興エリア」が撮影対象地に。100人以上が一斉に街なかを歩きまわり、思い思いの目線で切り取り撮影した。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る