社食に企業の想いあり

2013年10月8日

»著者プロフィール

 「月に1回、『まろやか豆乳そば・うどん』を出してみたところ、これが大人気。用意した260食を完売しました。今では月に3回このメニューを出しています」(井上さん)

 女性に欠かせないと言われるイソフラボンを豊富に含む豆乳。社食でも心をつかんでいるらしい。

売り場の裏側でも
“おもてなし”を徹底?

西武池袋店コントラクトマネジャー・井上浩司さん

 取材の終わり近くに、編集担当のKさんが、「配膳スタッフさんの挨拶が気持ちいいですね」と一言。井上さんは、「料理は味だけでなく提供の仕方も大切」という。

 デパートの従業員は接客のプロ。そのプロたちを社食で迎えるスタッフたちにも、レベルの高い接客が求められるのかもしれない。

 「弊社では昨年ぐらいから、基本に立ち返って『挨拶を徹底しよう』という取り組みを始めています。最低限のことですが、だからこそ心をこめて挨拶することが大事です。不思議なことに、気持ちいい挨拶をするスタッフの多い店舗は成績も良くなるんです」(宮本さん)

 きちんと挨拶すればお客様に伝わる。売り場で徹底されている“おもてなし”を、その裏側でも感じた。


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る