あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2013年11月15日

»著者プロフィール

 こんにちは。「みんなの経済新聞ネットワーク」(略して『みん経』)です。クリスマスまで約1カ月。予定はもう決まりましたか? 家族や友人、恋人と過ごすという人もいる中で、既にひとりぼっちで過ごしそうな気配を感じている人もいるのでは。そこで、「クリスマスぼっち」を防ぐために、恋愛に御利益のありそうな場所や、クリスマス気分を盛り上げてくれる場所を紹介します。

日本に123箇所!
ぼっちにはつらすぎる「恋人の聖地」

 現在、日本の約123箇所にある「恋人の聖地」。東京の六本木ヒルズ展望台、香川県のエンジェルロードを始め、全国のプロポーズにふさわしい場所が選ばれています。今月新たに追加されたのは愛媛県の松山城二之丸史跡庭園でした。選ばれた理由の一つである金貨の物語はかなりロマンチックです。

* * *

松山に恋人の聖地誕生-誓いのコインシュートやメッセージなど

 松山城二之丸史跡庭園が「恋人の聖地」に選ばれ、11月2日に認定記念モニュメント除幕式が行われた。

松山城二之丸史跡庭園が「恋人の聖地」に選ばれ、11月2日に認定記念モニュメント除幕式が行われた。(2013年11月5日)

 「恋人の聖地」は全国の観光地域の中からプロポーズにふさわしいロマンチックなスポット。全国に121カ所あり、松山市内では初となる。

 同園は近年、結婚式の前撮りの場所として定着しており、年間約500組の撮影が行われている。庭園整備前の発掘調査では2人の名前が彫られた帝政ロシア時代の10ルーブル金貨が出土。その後の研究により、2人はロシア兵の男性捕虜と日本人女性看護師として実在していたことが判明し、この金貨は国境を超えたラブロマンスの証しと考えられた。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る