この熱き人々

2014年1月20日

»著者プロフィール
閉じる

吉永みち子 (よしながみちこ)

1950年、埼玉県生まれ。85年、『気がつけば騎手の女房』で大宅壮一ノンフィクション大賞を受賞。著書に『母と娘の40年戦争』(集英社文庫)、『怖いもの知らずの女たち』(山と溪谷社)、『試練は女のダイヤモンド』(ウェッジ)などがある。

 04年のセカンドアルバムもヒットし、05年にはブルーノート・ニューヨークで1週間公演を連日満員にし、上原の演奏を聴いた巨匠たちからの絶賛の声が相次ぐ。世界が注目するピアニストの道をまっすぐに進み続ける上原は、天才という言葉で評されることが多い。だが、自分を支えるのは「努力、根性、気合」だという。天賦の才能を、努力、根性、気合で補強すれば、まさに鬼に金棒。どんな事態に直面しても乗り切れる。

 世界を舞台に演奏するようになって気づいたのは、自分が乗り物に弱いというどうしようもない事実。飛行機は怖いし、電車にも車にも弱い。

 「ステージしか頭になくて移動のことを忘れてた。私の中では瞬間移動だったみたい」

 飛行機の後、さらに車に長時間乗って演奏会場に。疲れと車酔いでぐったりしても、ピアノの前に座れば、いつもの弾くことが楽しくてしょうがない上原ひろみになれる。

 「移動続きでこんな思いをするならやりたくないなんて1ミリたりとも思ったことない。自分で笑えてきちゃう。よっぽど好きなんだなあって」

 欧州ツアーの後はブルーノート東京でのライブ公演。ピアノとともに、新しい年の新たなステップをパワフルに刻む。

(写真:杉山雅史 C-LOVe)

上原ひろみ(うえはら ひろみ)
1979年、静岡県生まれ。6歳でピアノを始める。99年、ボストンのバークリー音楽大学に留学、翌年ジャズの名門レーベル「テラーク」と契約を結ぶ。03年のデビューアルバム「アナザー・マインド」は20万枚のヒット。現在、ニューヨークと東京を拠点に世界各地で演奏活動を行う。最新アルバムは「ムーヴ」(ユニバーサルミュージック)。

◆「ひととき」2014年1月号より

 

 

 

 
 

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る