インサイト霞が関

2009年5月5日

»著者プロフィール

 5月11日から3日間、ロシアのプーチン大統領が来日。麻生太郎首相と経済交流や、北方領土問題についても話し合うと見られる。

 麻生首相は、4月20日にベトナム共産党のノン・ドク・マイン書記長と、4月6日には、原油安で苦しむベネズエラのチャベス大統領と会談している。

 「いつ倒れてもおかしくない」と言われながら、麻生政権には海外からの首脳の来日が絶えない。年明け以降、アイルランド首相、ブルガリア大統領、タイ首相、ウクライナ首相、ベネズエラ大統領らが続いている。最大の魅力は、米サブプライム関連の毒が回っていないとされる日本の資金だ。

 しかし、内々の支援要請、協力打診があっても、日本側は「まず国際通貨基金(IMF)と相談してほしい」の一点張り。昨年11月の金融サミットで「IMFに1000億ドル出す」と大盤振る舞いした麻生首相の約束を、防波堤として最大限に活用している。

 こういう状況でも、各国来日団は帰国後「日本とのパイプ役は自分」と胸を張り、権力基盤強化を図るから、まるきり無駄足というわけでもないらしい。

◆「WEDGE」2009年5月号より

 

 

 
 

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
週に一度、「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る