その英会話本、試してみました

2014年3月10日

»著者プロフィール
閉じる

高田正樹

某メディア企業に勤める40代のビジネスマン。英語を切実に勉強したいと思っている。公私ともほぼ100%、日本語に囲まれて生活する環境。学生時代には受験英語はかなり勉強したが、話したり、書いたり、聞いたりするのは大の苦手。

 非常にすぐれた入門書だ。本書の帯には次のように書いてある。

「文法」を中心に、「基本単語・熟語」と「聞き取り」を1度に習得したい方に、自信をもってお勧めします!

『ALL IN ONE Re-Start』(高山英士、Linkage Club

 まさに、その言葉を裏切らない内容だった。まず、助かるのが、冒頭で明確に対象とする読者を示している点だ。「中学卒業~高校1年程度の英語力をもつ学習者を、文法を中心に、単語・熟語、リスニング、ライティングにおいて、中級レベルにまで効率良く引き上げるためのオールインワン(=総合)学習書です」と。

 また、本書を使えば、どの程度の実力を身につけられるのかも定量的に示す。例えば、リスニング力ではTOEIC500点に「対応」する反面、TOEIC730点には「やや不足」、単語力ではTOEIC730点には「不足」といった具合だ。英検やセンター試験への対応度もあわせて到達レベルを表にまとめて最初の方に掲載してあるので、本書を買うかどうか検討するのに役立つ。

ディクテーションの練習に重宝するCD

 本書は見開き2ページで1レッスンとし、全170レッスンで構成する。単語の種類から始まり、文の種類、時制、文型などと文法をレッスンごとに少しずつ学習していく。もちろん、例文も豊富に盛り込んでいる。

 リスニングの訓練のため、本書に掲載している英文の朗読などを収録したCDが2種類、付録としてついている。ひとつは、オーディオ機器で再生するCDで、もうひとつはパソコン用だ。

 パソコン用のCDに入っている学習用ソフトは特に重宝した。ディクテーションの練習にとても役立つ。本書に掲載している例文を収録しており、1文ずつ聞き書きの練習をする。このソフトがなかなか優れものだ。例えば、最初の方に出てくる次の例文で説明しよう。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る