WEDGE REPORT

2014年3月24日

»著者プロフィール

 就活を始めるときには「夢を実現しよう」とか「自己実現」といった文句に踊らされている。それで就活サイトに騙されて就活に失敗し、社会人としてひどい人生をスタートする(苦笑)。

──ベンチャー企業の経営者ならば、「夢の実現」など使いそうですが。

 仕事は食うためにするものだと思います。少なくとも「自己実現」や「やりがい」なんてことを学生に教えるべきではないんじゃないかな。

「新卒一括採用」はすばらしいモデル

──就活を広い視野でとらえると、どこに問題があると感じますか。

 企業や学生、官公庁、大学などが合理的な行動を取っていないこと。プレイヤーとして最適な行動を取っていないですよね。収益最大化に向けて正しい行動を取っているのは、リクナビのみ(苦笑)。

 学生は「就活」というゲームのルールすら知らずに、いきなり、カモられるようなものです。

──「新卒一括採用」については、どうお考えですか。

 「新卒一括採用」や「終身雇用」は、すばらしいモデルだと思います。一括採用でなく、「通年採用」にしたら、学生はもっと不利になる。海外では「通年採用」が当たり前ですが、若年層の失業は深刻な問題になっています。ごく一部の、高学歴な人や特別な技術を持っている人ぐらいしか、会社に入れなくなる。

 日本は「新卒一括採用」だからこそ、世界で最も「職業選択の自由」が担保されていると言えます。また、「新卒一括採用」というしくみは日本全体の大規模なインターンのようなもの。入社し、数年後に辞めても、経験やスキルなどを得られて、お金ももらえるわけだから。

 「一括採用と同じく、通年採用のもと、入社後じっくりと教育すべき」と言う人もいますが、ありえません。海外をみれば明らかで、中途採用されるのは経験者が優先です。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る