TBS「ルーズヴェルト・ゲーム」
敵役・香川照之に談春も加わって
絶妙なキャスティングは
視聴率の上昇につながるか


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

中堅の精密機器メーカー・青島製作所の工場や倉庫をつなぐ渡り廊下で、同じ部署の女性社員の山崎美里(広瀬アリス)が、派遣社員の沖原和也(工藤阿須加)に食べてもらおうと、ミカンを放り投げる。その放物線は沖原から大きくそれるが、彼は難なくそれをキャッチする。

 製造部の配送係として働く沖原は、社員たちから誘われても交わろうとしない。ただ黙々と製品の積み出し作業を続ける。母親に仕送りをしている彼は、正社員を目指している。

 青島製作所の社会人野球のチームと、社内の職場対抗試合で勝ちあがった製造部のチームの試合で、嫌々ながら補欠に加わる。負傷した主戦投手に代わってマウンドに登った沖原は153キロの剛速球を投げる。甲子園を目指しながらも、高校時代にチームのなかでいじめにあって暴力事件を起こしたことがのちに明らかになる。

 TBS「ルーズヴェルト・ゲーム」は第1話(4月27日)、第2話(5月4日)、第3話(5月11日)と回を重ねて、主役の青島製作所の社長・細川充(唐沢寿明)ともに、沖原がドラマを織りなす重要な役割を担うことがわかってくる。

唐沢と談春の意外な共通点

 このドラマの原作は、大ヒットした「半沢直樹」と原作者が同じ池井戸潤氏であることから、視聴率に寄せる関心が高かった。ビデオリサーチによると、第1話 14.1%、第2話 11.8%、第3話 13.7%と、ドラマとしては合格ラインにある。

 大手取引先のジャパニスクの社長・諸田清文(香川照之)とライバル企業が組んで、青島製作所に仕掛ける罠から、社長の細川がいかにして逃れる策を見いだせるか。存亡の危機に立った企業のなかで、社会人野球チームの再生の物語が絡み合あう。

 「半沢直樹」のように、最終回に向かってブームを呼ぶだろうか。ドラマの展開を担うキャスティングがその成否を分ける。

 エンドロールに「談春」の名前を最初に見出したとき、どの役をこなしたのか一瞬虚をつかれた。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍