あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2014年7月18日

»著者プロフィール

 こんにちは。みんなの経済新聞(略して『みん経』)です。夏に人気の食べ物といえば、やはりかき氷やアイスクリーム。この季節ならではのひんやりとした味わいを楽しみたいですよね。全国各地のかき氷やアイスクリームにまつわる記事を紹介します。

下北沢では期間限定のかき氷店が

 下北沢からはこんな話題。カレー店が夏季休業する間を使って、人気かき氷店が期間限定オープンだそう。

* * *

下北沢に期間限定かき氷店「氷屋川久」-名古屋では2時間の行列も (下北沢経済新聞/2014/7/11)

 下北沢西口に7月10日、かき氷専門店「氷屋川久(こおりやかわきゅう)下北沢店」(世田谷区北沢2、TEL 080-4840-7633)が期間限定でオープンした。

カウンターにはズラリと自家製シロップが並ぶ

 店舗面積は約10坪。席はスタンディングで11席。かき氷器は最大3台。「カレーショップスミレ」の店主が夏季休暇を取る7 月10日~9月28日の間、店舗を借りる形でオープンした。本店は昨年、名古屋・大須にオープンし、最長2時間待ちの行列ができた人気店。もともと卸を専門に行ってきた創業60年の氷店で、2~3年前から各地のイベントでかき氷店を出店したところ、客から「普段はどこで店を構えているのか」と問い合わせが多かったことから、かき氷店を開いたという。

 下北沢での期間限定オープンについて、マネジャーの高間哲也さんは「社内では、『かき氷が似合う下町らしい雰囲気のある街』として下北沢と吉祥寺の名前が挙がっていた」と話す。折よくカレーショップスミレの店主・田中さんと知り合い、オープンが決まった。

 下北沢店では48時間以上かけて凍らせた透明度の高い「純氷」を使う。溶けにくいため、「ふわふわのかき氷に仕上がることが特徴」。味は、「あまおういちご」「マンゴー」「グアバ」「ゆず」「もも」「りんご」など自家製シロップ20種(各500円)。練乳は無料で、多めにかけたい場合は100円追加となる。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る