インドでイクメン始めました 新任取締られ役の子育て・ビジネス奮闘記

2014年9月10日

»著者プロフィール

 今日はデリーの5つ星ホテル、タージマハールホテルで原稿を書いています。ある記事によるとインドは世界で一番安く5つ星ホテルに泊まれる国だそうです。政治家や著名人も利用するホテルが、一部屋3万5000円相当です。安くはないですが、結婚記念日の週なので、たまには妻、娘と贅沢しようと思った次第です。

プールサイドでのんびりとしたひとときを…

 インドの良いところは、こういった高級ホテルも子ども連れに対して、寛容でフレンドリーな点です。コンシェルジュもエレベーターボーイもウェイターもみんな、"Cute Baby!!! What's your name?" と構ってくれます。子連れでも周りに気を使わせない雰囲気で気楽に過ごせるのは、助かります(その代わりに、自分が一人で静かに本を読みたいと思っていても、賑やかなインド人家族に邪魔されるなんてのはざらですが。お互い様ですね)。

 プールサイドでビールを飲みながら、キラキラ輝く水面とはしゃぐ娘の笑顔がとても眩しい、そんなインドの休日を過ごしています。

インドでプレスクールに預けるということ

 さて、今日はインドのプレスクール(幼稚園・保育園)事情について、書きたいと思います。歩けるようになるとプレスクールに預けることが出来ます。妻と娘がインドにやってきた翌週から、1歳半になる娘を現地のプレスクールに通わせることになりました。先輩駐在員妻(以降、駐妻)に紹介してもらった近所のプレスクールを妻が見学したところ、先生の雰囲気も良く、英語の発音もキレイだし、娘も楽しそうにしていたと言うので、通わせることにしました。自分としては、四六時中娘といる妻の負担軽減になれば良いと思ってのことでした。クラスの半分近くは、駐在員のご子弟なので、安心感もありました。

プレスクールの様子

 日本にいるときは、妻も仕事を続けていたこともあり、生後3カ月から保育園に通わせていました。保育園の先生もとても良くしてくれましたし、娘は他の赤ちゃんと一緒にいるのが好きなので、何の気後れもなく、保育園利用を選択しました。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る