炎上?感動?ネットで話題のニュース

2014年12月26日

»著者プロフィール
著者
閉じる

多田慎介 (ただ・しんすけ)

ライター

1983年、石川県金沢市生まれ。大学中退後に求人広告代理店へアルバイト入社し、転職サイトなどを扱う法人営業職や営業マネジャー職を経験。編集プロダクション勤務を経て、2015年よりフリーランスとして活動。個人の働き方やキャリア形成、企業の採用コンテンツ、マーケティング手法などをテーマに取材・執筆を重ねている。

 誤解を与えそうなのであえて書くと、筆者自身はサラリーマンだ。人を雇用したことはなく、純粋に雇われる側の目線でこの文章を書いている。職業柄、早朝に地方取材へ旅立つこともあれば、深夜まで原稿を書くこともある。リニア新幹線が開通すれば、日経新聞の記事が例示していたような動き方をしているかもしれない。家族を持つ身としては自分の健康を大切にし、子育てにも時間を割けるよう過剰労働を調節していくことが重要だと認識している。それらすべてを考えた上でやっていること、あるいは好きだからやっていることに、外部から「社畜だ」と言われてもナンセンスでしかない。カウンターパンチのような新橋駅のポスターに感動した人々は、もしかすると同じように考えているのかもしれない。

 本物のブラック企業はどんどん叩いていくべきだろう。一方で、仕事に尽くすことや会社に尽くすこと自体を嘲笑うような風潮には異を唱え、もっともっと肯定していくべきではないだろうか。そして、あまり成果につながりそうにないネガティブな「社畜」という言葉の使われ方が減り、「ポジティブな社畜」の発信が増えていけばよいと思う。

 なるべく日付変更線の向こう側には行かないように、気を付けながら。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る