ブルキナファソ見聞録

2015年1月14日

»著者プロフィール
著者
閉じる

岡田綾 (おかだ・あや)

JICA職員

1982年兵庫県西宮市生まれ。小学校6年生のときに阪神・淡路大震災を経験。2005年京都大学文学部社会学科、2007年同大学大学院地球環境学舎環境マネジメント専攻修士課程修了。環境やコミュニティ防災について学ぶ。就職活動では、「その人自身のせいではないが、理不尽な境遇におかれてしまった人のために仕事をしたい」と考え、他の関心事項であった「途上国・国際協力」も満たす組織として、独立行政法人国際協力機構(JICA)を志望し、2007年入構。地球環境部、広報室などを経て、アフリカ勤務を希望し、2012年12月よりブルキナファソ事務所に赴任。

ブルキナファソ人の内に秘めたるエネルギー

 コンパオレ大統領への反対表明は、4年前から密かに計画されてきたものだという。今回の暴動は憲法改正案の国会審議が引き金になっているので、計画実行そのものは必ずしもこの時期に決まっていた訳ではないだろうが、コンパオレ大統領が三選を目指すならば……という準備は着々と進められ、だからこそ迷いのない暴動が展開されたようだ。そのすべてが正当化されて良いものだったとは言えないが、少なくとも、そこに正義があったことは多くの人に理解されるものだったと思う。

 暫定政権が発足し、国際社会もまだまだこれからの行方に気を抜いていない状況ながら、それぞれの国ができるかたちでブルキナファソを支えることが求められている。

露店も出て、今はすっかり日常を取り戻した市内

 日常を取り戻し、また、穏やかで大人しい国民に戻ったブルキナファソの人々は、「コンパオレ大統領の退陣を実現したことに目的達成を感じ、これからの国づくりにあんまり関心がないのか」と少し心配に思わせるくらい、楽天的である。いやあ、最大1年間の暫定政権なのだから、ゆっくり決めて行けば良い、1年後にはちゃんと良くなるよ、という人もいる。暫定大統領こそ軍人ではないが、実権を握る首相に軍人が就いていることへの拒否反応は少なく、むしろ歓迎ムードすらある。この点については、民主主義の成熟度合いがまだ十分ではないことを感じさせる。

 でも、どんなに穏やかでも、内に秘めたるエネルギーがすごいことを、誰もが知った。普段は表面には現れないブルキナファソの人々の内側に触れた数日間。2014年はブルキナファソのすべての人にとって、忘れることのできない年になった。本番はこれから。ブルキナファソの本当の真価が問われるだろう2015年も、この地にいられることを嬉しく思う。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る