2015年2月号
大企業を変える

■特集.1
大企業を変える

・PART 1 NTT、パナソニック、日立 突然変異の「異端」が過去を断つ
・PART 2 グローバル化進めるLIXIL 基盤はストレッチ目標と必達経営
・PART 3 「仕組み」によるカイゼンでカリスマから脱却した無印良品 西川立一(流通ジャーナリスト)

【INTERVIEW】
・古森重隆 富士フイルムHD会長兼CEO 「リスクを取って勝つのが経営者」
・坂本幸雄 エルピーダメモリ元社長 「まず上司と部下を入れ替えよ」
・藤森義明 LIXILグループ社長兼CEO 「根本から全部ぶち壊す覚悟」
・松井忠三 良品計画会長 「研修では大企業病を治せない」

増税延期で一息ついた格好で始まった2015年の日本経済。だが将来への不安は拭えない。
「失われた20年」からの再生には、ヒト・モノ・カネを占有する大企業の覚醒が必要だ。
過去の成功体験から決別し、改革マインドを定着させようと動く経営者のリーダーシップとは。

■特集.2
円安を活かせるか 中小企業の海外展開

・PART 1 危機感抱く2代目たちの「フィリピン合宿」
・PART 2 課題は販路と人材 経営者自らが動け

中小企業にとっての2015年。円安と原油安に一服しているようでは将来の内需減少に耐える
体力は培われない。中小企業が海外に販路を開拓するためにはどんな課題があるのか。
現在進行形で海外への販路拡大を図る経営者たちを追った。

■WEDGE_OPINION.1
・デフレに怯える世界経済 原油安にリスクあり
倉都康行 RPテック代表取締役/国際金融評論家

■WEDGE_OPINION.2
・更なる原油安をも容認するサウジアラビアの真意
永田安彦 日本エネルギー経済研究所中東研究センター副センター長

■WEDGE_REPORT.1
・躍進ビットコインに戦慄する米政府、金融機関
岡田仁志(国立情報学研究所准教授)

■WEDGE_REPORT.2
・本格普及が始まった「植物工場産」野菜

■POINT_OF_VIEW.1
慰安婦問題の「歴史の定位置」を模索する台湾映画「軍中楽園」
・野島 剛(ジャーナリスト)

■POINT_OF_VIEW.2
先進国世論のアレルギーで中国の原子力産業が覇権を握る
・リチャード・ムラー(カリフォルニア大学バークレー校物理学教授/米エネルギー省顧問)

■NEWS_TOPICS
ルーブル安が直撃 資産防衛にはしるロシア市民
解消されないバター不足は不可解な計画経済のせい

■WEDGE_INTERVIEW
Made in SABAEにこだわる異端児
西村昭宏さん (西村プレシジョン社長)

山師の手帳 by 中村繁夫
肉を切らせて骨を断つ 資源覇権を狙うアメリカ

ワールドライス by 田牧一郎
カリフォルニア有機米事情

中国梦のゆくえ by 富坂 聰
指導部が嫌がる「権力闘争」への帰結

The Big Deal by 桂木麻也
百年の大計

経済の常識 vs 政策の非常識 by 原田 泰
トリクルダウンはない? 江戸時代と比較する

地域再生のキーワード by 磯山友幸
経営が成り立つ仕組みを追求した 岩手県紫波町の駅前開発

なりわいの先駆けたち by 植松三十里
熱意で得た「医療」という強み 元海軍軍人が興した生命保険
加唐為重

各駅短歌 by 穂村 弘
車内の人々

さらばリーマン 第80回記念拡大版 by 溝口 敦
開けば儲かる 500店手掛けた居酒屋カリスマの仰天人生
山本浩喜さん(フランチャイズカンパニー 代表取締役)

シニアボーイの娯楽 by 小平尚典
カメラ編  コダック×富士フイルム 「因縁」の名コンビ
アルコール編 人と地球にやさしいお酒106

にっぽんの100人の青年 by 林 えり子
元サッカー青年が漉く “全工程自作”の蛭谷和紙 
川原隆邦さん(蛭谷和紙職人)

ヒットメーカーの舞台裏 by 池原照雄
主婦の声を生かし飛び跳ね汚れ防止を追及 
パナソニック タンクレストイレ「新型アラウーノ」

●世界の記述
●拝啓オヤジ by 相米周二
●新刊クリップ by 足立倫行
●読者から/ウェッジから

★ご購入はこちら
>> 紙で購入
>> デジタルで購入
>> Fujisanマガジンで購入
>> セブンネットで購入

下部枠線