書籍詳細

ありがとうを伝える旅―世界11カ国で震災を語る
菅原弓佳 著

目次
立ち読み

 

2011.3.11、東日本大震災発生──あれからまもなく4年目を迎える。
当時、浪人生だった菅原弓佳さんは、実家・仙台に帰省していた際、被災した。避難所生活を経験し、激変した街の風景に衝撃を受け、心が折れそうになったこともあった。しかしその一方、海外からの支援に大きく心を動かされ、“みんなに「ありがとう」と言いたい”という気持ちが湧いてきたという。
「感謝の気持ちを伝えたい。それも自分の言葉で直接相手に……」という思いは日に日に増していき、ついに行動へ。2013年夏~2014年春までの8カ月間、何のツテもないにもかかわらず、ひとりで世界18ヵ国を旅し、このうち11ヵ国、12の大学で講演を開いた。当時と今の被災地の様子、原発事故、震災を通して日本人が学んだこと、「日本は危険な国ではない」こと──。  
震災の絶望から立ち上がり、日本を代表するという心意気で感謝の旅を続けた女子大生の物語。

<書籍データ>
◇四六判並製 196ページ(内、口絵8ページ)
◇定価:本体1,200円+税
◇2015年2月28日
◇ISBN: 978-4-86310-142-5

<著者プロフィール>
菅原弓佳(すがわら・ゆみか)
1991年宮城県仙台市生まれ。白鷗大学在学中。株式会社TABIPPO主催のコンテスト「第3回 wizTABIPPO」で、ファイナリストに選ばれるが、惜しくも2位。優勝を逃した後、一念発起して2013年夏から2014年春にかけ、単独世界一周旅行へ。現在は学業の傍ら、高校や大学等で震災や被災地、また旅のことについての講演活動を行っている。

★ご購入はこちら
>> Amazonで購入
>> セブンネットで購入
>> 紀伊國屋で購入

 

 



 

 

 

 

 

ありがとうを伝える旅―世界11カ国で震災を語る

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2016年12月号

2016年12月号(11月19日発売)

特集
クールジャパンの不都合な真実

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2016年12月号

2016年12月号

特集
水郷・柳川紀行 立花宗茂という武将がいた!

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。