韓国の「読み方」

2015年2月23日

»著者プロフィール
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、元ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15~18年論説委員(朝鮮半島担当)。18年4月から外信部長。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、『韓国新大統領 文在寅とは何者か』(17年、祥伝社)、『新版 北朝鮮入門』(17年、東洋経済新報社、礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著)など。訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。

世界初?「男性用コンパクト」とは

 アモレ社は昨年2月、恐らくは世界初という男性用コンパクトを発売した。発売時の広報資料は「紫外線から皮膚を保護し、皮膚のトーンときめを自然な感覚で補正し、きれいに表現してくれる」と効果をうたい、持ち運びが簡単なコンパクトとしたことで、「面接試験やデートはもちろん、運動やキャンプなどの野外活動まで、すべての日常シーンに適合する男性たちの必須アイテムになる」とアピールしている。

(写真:アモレ・パシフィック社提供)

 コンパクトは、スタンプインクのような仕組みだ。成分がしみ込んだスポンジ状のものにクッションを押しつけて、染み出してくる成分をクッション側に移し、クッションを顔にはたくという使い方。試供品を試させてもらったが、なんだか変な気分になった。方智暎さんは「ゴルフ場に持っていって、プレー中に使うお客さんも多いですよ」と笑顔を見せた。

 同社の売り上げに占める男性化粧品の比率は、まだ1割に満たないが、これからも伸びる成長市場とみて力を入れているのだという。

 余談だが、同社のラインナップには、韓国ならではの商品もある。兵役に就いている男性が訓練中に使う迷彩クリームだ。軍から支給されるクリームは安物で肌荒れにつながるということで、自分で高級クリームを買う兵士たちがいるのだとか。兵役中の彼氏に送ってはどうかと女性向けの企画商品を作ってみたところ、評判がよかったので定番商品に格上げされたそうだ。

激しい競争社会における「見た目」の重要性

 ただ、韓国で男性化粧品の売り上げが伸びている理由になると、少し話が重くなってくる。「なぜ韓国で男性化粧品が売れるのか」という質問に、アモレ社広報が書面でくれた回答は次のようなものだった。

関連記事

新着記事

»もっと見る