2009年9月号
2009年9月号

特集:武士の商法

明治維新で禄を失った武士たちは、新政府の役人にならないかぎり、生業を自ら探さなければならなかった。新政府と旧藩は彼らの自立を助けるため、農地の開拓をはじめ、いくつもの「士族授産事業」を進めた。
「武士の商法」といえば、気位ばかりが高く、商売熱心ではないことの代名詞のようにいわれる。しかし、ごくわずかだが成功者もいた。彼らの通底するのは、もののふならではの、困難に打ち勝とうとする克己心と、高い倫理観であった。
儲け優先の現代の商法が置き忘れてきたもの――。
以下は、明治の企業家が私たちに問いかける気骨ある商いの物語である。
photo:林 忠彦

車窓歳時記
ひろ さちや
ジャガイモ

今月の旅指南
滋賀県甲賀市・「若冲ワンダーランド」展ほか

特集
武士の商法

●士魂商才――渋沢栄一と明治の士族たち 渡部昇一・文
●名古屋コーチン――武士が育てた地鶏の物語
入谷哲夫・協力  大森 悟・文  林 義勝・写真
●士族がつくった地場産業

今を決めたあの時
吉永みち子・文 赤城耕一・写真
井村雅代 シンクロの進化を先導

個人美術館ものがたり
赤瀬川原平・文 川上尚見・写真
鎌倉市鏑木清方記念美術館
――賑やかな通りの閑静な美術館

ひとときエッセイ「そして旅へ」
芳澤勝弘
南伊豆の霊跡「阿弥陀窟」

伊勢、永遠の聖地
千種清美・文/写真
神宮の森で子どもの心身を鍛える

万葉から吹く風
石毛直道・文 井上博道・写真
万葉グルメ

粋を継ぐわざ
田中敦子・文 渞 忠之・写真
「江戸からかみ」 小泉幸雄

名作のひととき
中西 進・文 林 義勝・写真
小豆島・輝かしい海面、喪失した光
――壺井栄『二十四の瞳』

ちょっと寄り道うまいもの
森枝卓士・文/写真
横須賀“食”物語 カレー&バーガー

鉄道の殿堂
梅原 淳・文/写真
旅人の胸に刻み込まれるおもてなし・食堂車

芭蕉の風景
小澤 實
中央通り 東京都中央区

まほろばのひかり
青木奈緒・文 喜多 章・写真
斑鳩の塔と幸田文

旅の小箱 fromJR西日本、JR東海
●「やっぱり、ひょうごキャンペーン」開催中
北野異人館と香住ガニ
●門司港レトロ観光トロッコ列車「潮風号」ただいま運行中!
●高野山で楽しむ初秋の涼
●創業100周年 奈良ホテルの宿泊プラン
●アソシアホテルズ&リゾーツの「新幹線パノラマ宿泊プラン」が
 人気!
●秋色の飛騨路へ ホテルアソシア高山リゾート
●「皇室の菩提寺」泉涌寺の夜間特別拝観
●+50で行く初秋の京都「古都 皇室ゆかりの寺院を訪ねて」

お電話からの申し込みお問い合わせ 0120-34-3746 午前10時~午後5時(土日祝日を除く)
最新記事の一覧 WEDGEInfinityへ

「ひととき」の一部の記事は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて記事全文を読むことができます。