書籍詳細

大和魂の精神史―本居宣長から三島由紀夫へ
島内景二 著

目次
立ち読み

 

吉田松陰は、黒船に潜り込んで密出国をしようとして失敗し、江戸へ護送される途中、高輪の泉岳寺を過ぎるときにこんな歌を詠みました。
――かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂 
赤穂浪士を突き動かした衝動は自分と同じものだ、というわけです。
また、安政の大獄で囚われた際、獄中で門弟にしたためた遺書(「留魂録」)に松陰が書き付けた和歌「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め置かまし大和魂」は、辞世の歌としてよく知られています。
では、松陰の行動原理である「大和魂」とは何なのでしょうか。
江戸時代の国文学者・本居宣長は『源氏物語』から「もののあはれ」という主題を取り出して、「漢意(からごころ)」に対する「大和心=大和魂」、それが「もののあはれ」であると論じました。「もののあはれ」とは、一般に「しみじみとした情趣」とされていますが、宣長のいう「もののあはれ」とは、それとは程遠い激しい感情を意味するものでした。吉田松陰の「やむにやまれぬ大和魂」もまた、そうした激情だったにちがいありません。
宣長は『源氏物語』の解釈を通して、ぬるま湯のような泰平の世の中をひっくり返す「ちゃぶ台返し」を仕掛けたのでした。
本書は『源氏物語』の研究者である著者が、「大和心=大和魂」の精神史をたどることで本居宣長という「大いなる謎」に真っ向から立ち向かった挑戦の書であり、従来のものの見方を痛烈に顚倒する爽快さにみちています。

<書籍データ>
◇四六判並製 264ページ
◇定価:本体1,600円+税
◇2015年3月23日発売
◇ISBN: 978-4-86310-143-2

<著者プロフィール>
島内景二(しまうち・けいじ)
1955年生れ。電気通信大学教授。『源氏物語』を中心とする古典文学専攻。主な著書に『源氏物語の影響史』(笠間書院)、『光源氏の人間関係』(ウェッジ文庫)を初めとする古典文学論、『文豪の古典力』(文春新書)、『歴史小説真剣勝負』(新人物往来社)などの評論、『北村季吟』『三島由紀夫』(ミネルヴァ書房)、『中島敦「山月記伝説」の真実』(文春新書)などの評伝、短歌論に『塚本邦雄』(笠間書院)ほか多数。
 

 

 

 


 

 

 

 

大和魂の精神史―本居宣長から三島由紀夫へ

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2016年10月号

2016年10月号(9月20日発売)

特集
国境騒然 水平線の向こうの攻防戦

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2016年10月号

2016年10月号

特集
マグロ王国 静岡 焼津・清水マグロ紀行

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。