科学で斬るスポーツ

2015年4月7日

»著者プロフィール
閉じる

玉村 治 (たまむら・おさむ)

スポーツ科学ジャーナリスト、科学ジャーナリスト

小学校より野球をはじめ、大学では投手として活躍。スポーツを科学的に分析することを得意とし、バンクーバー、ロンドン五輪、ワールドカップサッカーなどで取材。

 大リーグ式とはどんなものかもう少し詳しくみてみよう。筑波大学の川村卓准教授(スポーツ科学)は「大リーグの投手は、(図4のように、重心を低くせず)重心を崩すことで投球を開始し、膝を伸ばして股関節を中心に回転する」と語る。黒田はまさに、この大リーグ式の投げ方に近いと言えるだろう。

図4 大リーグ投手の典型的な投球フォーム。重心を崩し、膝を伸ばして投げている
(提供:川村卓准教授)
拡大画像表示

 一方、黒田と対照的なのが、日本式の本格派として海を渡ったニューヨークヤンキースの田中将大投手だ。昨年は肘痛に苦しんだ。今年は損傷が癒え、開幕投手に抜擢されたが、肘に負担のない投げ方をどうするか模索中と思われる。フォーム修正のための試行錯誤が続くが、長い時間をかけて培い、実績を残したフォームは簡単に直せないだろう。図5のヤンキースでの田中投手のフォームを見ても、かかとから着地する癖はなかなか抜けない。ステップ幅が大きくなりがちなので、このステップを狭くし、固いマウンドにどう適応するか、注目したい。

図5 ヤンキースの田中将大投手の投球フォーム。かかとから着地していることがわかる(提供:田口有史氏)
拡大画像表示

下半身の安定度、秀逸

図6 黒田投手の投球時の軸足。プレートをしっかり踏み込んで投球している(提供:田口有史)
拡大画像表示

 このほかにも黒田の卓越した長所は少なくない。

 川村准教授は、「下半身の使い方が秀逸。軸足がプレートから離れないなど粘りがある。内旋(内またの方向に回転)しないなど下半身のためが、しっかり上半身に伝えられている」と語る。

 こうした投げ方ができるのは、内転筋が極めて強い証拠。この内また部分は日本の投手でけがが多い。

 「黒田はもともとステップがある方ではないが、力感があり、効率のよい投げ方と言えるだろう」と解説する。

関連記事

新着記事

»もっと見る