NHK連続テレビ小説「まれ」
学園ドラマのスター・土屋太鳳の成長の物語 スイーツが作り出す青春の未来を描く


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

希(まれ・土屋太鳳)は忙しい高校3年生である。石川県輪島市の海辺のかつては村であった、外浦地区の各所に備えられたスピーカーから早朝、その日の天候や海の状態などを告げる。

 走ってかけつける先は、母の津村藍子(常盤貴子)と弟の一徹(葉山奨之)と一緒に間借りしている、桶作元治(田中泯)、文(田中裕子)の家である。弟とともに文を手伝って、野菜を収穫する。その野菜を輪島の朝市で母と売る。

 そして学校である。放課後も市の一角にある喫茶コーナーでアルバイトをする。

 NHK連続テレビ小説「まれ」は、数々の事業に失敗した父の津村徹(大泉洋)が、自己破産をして、縁もゆかりもない外浦村に引っ越してくるシーンから、物語は始まる。

娘役から大人の女性への脱皮

 映画やドラマに広げれば、土屋太鳳は、学園を舞台にした物語によってスターとなった、美少女たちの系譜に連なる。「ねらわれた学園」(1981年)の薬師丸ひろ子であり、「時をかける少女」(1983年)の原田知世である。「桐島、部活やめるってよ」(2012年)の橋本愛も。

 連続テレビ小説「あまちゃん」のコンビである橋本と、能年玲奈は、「告白」(2010年)にも登場している。

 土屋太鳳は、テレビ東京の学園ドラマ「鈴木先生」(2011年)と、同名の映画化作(2013年)では、長谷川博己が演じる鈴木先生が恋愛感情と妄想の対象となる少女を演じた。「まれ」の放送開始にあたって、再放送された「真夜中のパン屋さん」(2013年)では、深夜営業のパン屋に住み着く謎の高校生を演じた。

 脇役ではあるが、黒沢清監督の「トウキョウソナタ」(2008年)の中学生役も忘れがたい。リストラされた父親が自殺をして残される少女である。

 これまでの役柄をみると、謎を秘めていたり、影を帯びていたりして、懸命に生きようとしながらもどこか息苦しさを感じさせる役どころが多かったように思う。

 希の明るさといったらどうか。輪島が臨む美しい日本海の波が日の光を反射して輝くようである。美少女は娘役から大人の女性に脱皮しなければならない。20歳を迎えた土屋太鳳が取り組む希は、女優としての成長をかけているのだろう。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍