上部枠線

東海道57次
志田 威 著

目次 立ち読み

 

本書は、歴史街道の中で最も政治的に重きが置かれた東海道の歴史と文化を、旧蒲原宿に生まれた「東海道町民生活歴史館」館主の著者がわかりやすく解説する内容です。
徳川3代が整備した東海道の歴史、街道沿いに残る家康のエピソード、広重はなぜ57次の東海道を53次に描いたのか、昔の旅人は峠や大河をどのように越えたのかなど、東海道の知られざる話題が満載です。全行程を歩いた著者によるおすすめコースガイドや五街道宿駅一覧の折込カラー地図も付いたおトクな1冊!


読売新聞、中日新聞、東京新聞等で書評続々!
 「歌川広重の浮世絵で知られているように、東海道は日本橋から教徒までの『五十三次』が一般的だ。しかし江戸時代、徳川家康は大坂(大阪)の重要性を知り尽くし、3台将軍家光までかけて東海道を大坂まで延長させたのである。写真や図版を多用し、かつての東海道の旅、歴史と文化を紹介。町歩きが盛んな今、健康増進を兼ね、東海道57次にチャレンジしてはいかが。」(読売新聞紙面より)
 
 

<書籍データ>
◇A5判並製 176ページ
◇定価:本体1,600円+税
◇2015年4月20日発売
◇ISBN: 978-4-86310-144-9

<著者プロフィール>
志田 威(しだ・たけし) 
「東海道町民生活歴史館」「東海道57次・中山道67次交流館」館主、恵那市観光協会「恵那観光大使」。昭和18年、旧蒲原宿内で江戸時代から醸造業などを営んでいた旧家に生まれる。日本国有鉄道を経て昭和62年東海旅客鉄道に入社し、専務取締役、ジェイアール東海不動産社長等を歴任。前記3館の館主を務めながら、東海道の歴史・文化を普及する講演・執筆活動を続けている。

>>Amazonで購入する
>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する
>>セブンネットで購入する
>>楽天ブックスで購入する
>>hontoで購入する

 

 

 

 

<立ち読み>

 

「はじめに」より
近年、街道歩きが盛んです。歩きながら街道に関する歴史、地理、文化、自然などを学べば、健康増進を兼ね、より充実したウォーキングとなることから、街道歩きが増えているようです。
東海道の場合、木曾路ほど往時の街並みが残りませんが、要人の通行に使われたり、川越し・海越え、横浜開港に伴う混乱の跡、戊辰戦争といった歴史的出来事、世界遺産・富士など幅広く学び・見るべきものが多く、他の街道にはない魅力があります。かつての幕府調査でも東海道編が最も詳しく記録されています。
現在も東海道沿いには各種資料館が置かれ、往時を伝えます。多くは特定の分野に特化した小さな資料館ですが、宿場ごとに分野が異なることが、かえって楽しみでもあります(中略)。
街道・宿場散策は軽い運動にもなり、気軽にできる課外授業でもあります。老若男女を問わず全ての年代が興味を持ち、楽しめるもので、多くの方にお勧めしたいと思います。
本書では四つの分野に分けて解説し、第5章では「学ぶ東海道」のモデルコースをご紹介します。
第1章では、家康が慶長6年に定めた京までの宿駅伝馬制が2代秀忠・3代家光に引き継がれ、「京までの東海道53次のほかに、大坂までの東海道57次が併存した」こと、さらにはこれを裏付ける古文書にも触れながら「東海道の実態」をご紹介します。また、多くの浮世絵を残した広重はこの二つの東海道の内、京への東海道だけを描いており、その思惑を推察しました。
第2章は、東海道と縁の深い徳川家康について纏めました。家康と関係深い岡崎・浜松・駿府の関連遺構をご紹介し、また家康の心遣いが各地に残されていますので、その一部をご紹介します。
第3章では、まず宿駅中が注目し気を遣った「重き通行」、即ち重要人物の旅について、その対応も含めご紹介し、後段では「軽き人」と区分された一般町民の生活や文化面について解説します。
第4章は江戸期の旅について、公用以外に町民が出掛けた様々の旅やその難所、往時の旅支度、所要日数・費用等々についてまとめました。
第5章は、街道ウォーキングに無縁であった方にもまず「お試し散策」に出られるよう、12コースを選んでみました。資料館などに立寄られれば、コースの見どころなどもわかり、散策の実があがると思います。
この本で東海道や宿場の状況、江戸期の生活などをご理解いただき、時には街道散策されて、近代国家の基礎作りに寄与した街道施策を正確に伝承し、併せて読者の皆様が健康になられることを願う次第です。
志田 威


 




<目次>

はじめに  
第1章 東海道は57次だった ―幕府管理の「57次」と広重の描いた「53次」
第2章 徳川家康と東海道
第3章 東海道の旅と生活
―「重き通行」と「軽き人」の生活・文化
第4章 江戸期の旅事情
第5章 コースガイド「見どころ案内」
[付表]東海道57次の里程・宿駅概要
[折込地図]五街道の宿駅一覧

 


 


 

 

 

 

下部枠線
Wedge最新号のご案内
2016年6月号

2016年6月号
(5月20日発売)

特集
自動車産業が壊れる日 自動運転の〝先〟にある新秩序

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2016年6月号

2016年6月号

特集
だから、伊勢の味は日本の味

»詳細を見る

下部枠線
WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。
下部枠線