書籍詳細

東海道57次
志田 威 著

目次
立ち読み

 

本書は、歴史街道の中で最も政治的に重きが置かれた東海道の歴史と文化を、旧蒲原宿に生まれた「東海道町民生活歴史館」館主の著者がわかりやすく解説する内容です。
徳川3代が整備した東海道の歴史、街道沿いに残る家康のエピソード、広重はなぜ57次の東海道を53次に描いたのか、昔の旅人は峠や大河をどのように越えたのかなど、東海道の知られざる話題が満載です。全行程を歩いた著者によるおすすめコースガイドや五街道宿駅一覧の折込カラー地図も付いたおトクな1冊!


読売新聞、中日新聞、東京新聞等で書評続々!
 「歌川広重の浮世絵で知られているように、東海道は日本橋から教徒までの『五十三次』が一般的だ。しかし江戸時代、徳川家康は大坂(大阪)の重要性を知り尽くし、3台将軍家光までかけて東海道を大坂まで延長させたのである。写真や図版を多用し、かつての東海道の旅、歴史と文化を紹介。町歩きが盛んな今、健康増進を兼ね、東海道57次にチャレンジしてはいかが。」(読売新聞紙面より)
 
 

<書籍データ>
◇A5判並製 176ページ
◇定価:本体1,600円+税
◇2015年4月20日発売
◇ISBN: 978-4-86310-144-9

<著者プロフィール>
志田 威(しだ・たけし) 
「東海道町民生活歴史館」「東海道57次・中山道67次交流館」館主、恵那市観光協会「恵那観光大使」。昭和18年、旧蒲原宿内で江戸時代から醸造業などを営んでいた旧家に生まれる。日本国有鉄道を経て昭和62年東海旅客鉄道に入社し、専務取締役、ジェイアール東海不動産社長等を歴任。前記3館の館主を務めながら、東海道の歴史・文化を普及する講演・執筆活動を続けている。

>>Amazonで購入する
>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する
>>セブンネットで購入する
>>楽天ブックスで購入する
>>hontoで購入する

 

 

 

 


 

 

 

 

東海道57次

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2016年12月号

2016年12月号(11月19日発売)

特集
クールジャパンの不都合な真実

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2016年12月号

2016年12月号

特集
水郷・柳川紀行 立花宗茂という武将がいた!

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。