今月の旅指南

2015年4月24日

»著者プロフィール
閉じる

狩野直美 (かのう・なおみ)

東京生まれ。フリーライター。旅行業界誌の記者・編集者を経て、1994年からフリーランスに。主に海外旅行関連誌、ウェブマガジン等に記事を執筆中。

 年間600万人を超える来館者が訪れる英国・ロンドンの大英博物館。古代エジプトからギリシャ、ローマ、アジア、オセアニアまで、世界各地のさまざまな時代を網羅した収集品は700万点におよぶという、文化遺産の殿堂だ。その広範なコレクションのなかから厳選した100点の「モノ」を手がかりに、人類の創造の歴史をたどる、壮大なスケールの展覧会が開かれている。

 会場に並ぶのは、人類最初期の握り斧から大量生産された日用品まで多岐にわたる。例えば、文明発祥の地、メソポタミアのウルで王家の墓から出土した「ウルのスタンダード」と呼ばれる謎の箱。用途は不明だが、ラピスラズリなど贅沢(ぜいたく)な素材を使い、片面には祝宴の様子、もう片面には戦争の様子がモザイクで描かれている。また、映画「ハリー・ポッター」の第1作に登場するチェスのモデルとなった「ルイス島のチェス駒」、中世アフリカの高度な文明の象徴「イフェの頭像」、ダーウィンの世界一周航海で使われた「ビーグル号のクロノメーター」など。

《ウルのスタンダード》 紀元前2500年頃 イラク
© The Trustees of the British Museum

 一方、ユニークな形状で知られる現代ガーナの棺の模型(ビール瓶)ほか、現代の文化を象徴する作品も展示される。大英博物館を代表するコレクション、ロゼッタ・ストーンの原寸大レプリカも必見。

大英博物館展 ─100のモノが語る世界の歴史
<期間>4月18日~6月28日
<会場>東京都台東区・東京都美術館(山手線上野駅下車)
<問>☎03(5777)8600
http://www.history100.jp/
<巡回先情報>
福岡会場:九州国立博物館
<期間>7月14日~9月6日
神戸会場:神戸市立博物館
<期間>9月20日~2016年1月11日

*情報は2015年3月現在のものです。料金・時間・休館日などの詳細は、お出かけの際、現地にお確かめください

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2015年5月号より

 

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る