地域再生のキーワード

2015年6月8日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 この犬舎からスターが誕生した。雑種の夢之丞(ゆめのすけ)。県の動物愛護センターでガス室に送られる寸前でPWJに保護された。最初は怯えて人に近づかなかったが、災害救助犬として訓練され、昨年夏の広島土砂災害の現場にレスキューチームの一員として加わり、行方不明者2人を発見するまでになった。

救助犬・夢之丞(左)と、大西氏の愛犬・ラーニャ(右)

みんなで創るというコンセプト

 ティアガルテンを軌道に乗せるカギは、いかにリピーターを増やすかにかかっている。そこで考えたのがもうひとつのコンセプト、「みんなで創る」である。開園前から有志を募って植栽の植え付けなどを行っている。また、園内の立木を利用して本物のツリーハウスを造ってもらうワークショップも始まる。親子で何度も参加して少しずつ作り上げていく「作品」は、将来にわたってティアガルテンに残る。

ティアガルテン内に造られたツリーハウス

 さらにオリジナル商品を開発してティアガルテンやネット通販で販売することも考えている。ティアガルテンで働く職員はデニムのオーバーオールの制服を着る予定だが、実は備後地方は日本のデニムの9割方の生産や販売に関与しているという。そんな地元の素材を使った「制服」も、オリジナル商品として販売してしまう計画だ。

デニムオーバーオールのモデルを務めた大西氏の妻・純子氏(右)と相馬行胤氏(左)

関連記事

新着記事

»もっと見る