地域再生のキーワード

2015年6月29日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

「地域おこし」の先駆けともいえる鹿児島県鹿屋市にある集落“やねだん”。自治公民館長として、20年近く取り組みを先導してきた豊重哲郎さんの元には、教えを請うべく全国から志のある人材が集っている。

柳谷自治公民館長の豊重哲郎さん

 鹿児島県鹿屋市串良町に、恐らく日本一有名な、「地域おこしの達人」がいる。豊重哲郎さん、74歳。「やねだん」の呼称で知られる柳谷集落で、行政に頼らない村おこしを約20年にわたって続けてきた。「やねだん」のある大隅半島の中部は、山あいに田園が広がる自然豊かな土地柄だが、観光地があるわけではなし、農業、畜産以外にこれといった産業もない。もちろん少子高齢化の例外ではない。

 ところが、人口300人ほどの、この「やねだん」に、全国から年間5000人以上の視察者がやって来るのだ。そして豊重さんに「地域おこしの極意」を聞いていく。

 豊重さんが繰り返し訴えている事はシンプルだ。「住民自治を意識づけする事の大切さ」である。地域おこしというと、県や市の補助金が出て、上からの指示でモデル事業を行うケースが少なくない。「やねだん」では、住民が自分たちで発案から実行までをやり抜いてきた。しかも、自分たちの創意工夫で生み出した自主財源で賄ってきたのである。「補助金におんぶにだっこでは人も地域も育たない」というのが豊重流の地域おこしの基本である。

 「自分たちが住む地域を何とかしよう、そう住民自身が真剣に考えることが基本だ」と豊重さんは語る。そんな豊重さんの言葉が、全国で地域おこしに取り組むリーダーたちの心に「自立の灯」を点けてきた。今年で17回目を迎えた「やねだん故郷創生塾」に全国から集まった人たちは累計580人。全国から招かれて豊重さんが講演に出向くこともしばしばだ。

移住芸術家1号の画家、石原啓行さん

関連記事

新着記事

»もっと見る