世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2015年7月2日

»著者プロフィール

 5月14日付のサウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙で、海洋政策の専門家で、現在は中国南シナ海研究院の客員研究員を務めるマーク・ヴァレンシアが、南シナ海における防空識別圏(ADIZ)の設定可能性について、いくつかのパターンを例示して分析しています。

画像:iStock

 すなわち、2013年11月、中国は東シナ海に突如防空識別圏(ADIZ)を設定し、日米を驚かせた。現在、多くの分析官やメディア、米政府高官までもが、中国はいずれ南シナ海にも同様の領域を設定するであろうと見ている。

 ただ、中国外交部の報道官は、「一般的に言って、中国はASEAN諸国からの航空脅威を感じておらず、ADIZを設定する必要性を感じていない」と言っている。だがそれでも、米国のISR(情報・監視・偵察)が増し、米国の同盟国が増強されるにつれて、中国は空からの安全保障上の脅威に対処するため、ADIZを設定することはありうる。

 中国の南シナ海ADIZの設定方法には、いくつかのパターンが考えられ、それぞれ政治的な意味合いが異なる。

 1つ目の方法は、沿岸から200~250マイルの距離で、かつパラセル諸島とプラタス(東沙)諸島の、あらゆる係争島嶼部を含まない範囲でADIZを設定する場合である。この場合、理論上の要求と実際の運用に食い違いが生まれるかもしれないが、批判的な人々でも何とか受け入れ可能なものとなる。

 南シナ海ADIZは東シナ海におけるそれと似たような規則を含むものになると考えられる。中国の領空に向かわず、そこを通過するだけであっても、外国機には事前通告などを求めるということだ。

 もう1つの方法として、もし中国が、他の係争地であるスプラトリー(南沙)諸島やその海域を含める形でADIZを設定するとなると、情勢は極めて不安定化する。中国が南シナ海の航空回廊とシーレーンをコントロールすることになれば、それは米国、日本、東南アジア諸国にとって最大の恐怖となる。航行の自由を脅かすことは、米国にとっての「レッドライン」である。

 例え、中国のADIZが実効性に乏しくとも、それ自体が国際秩序に対抗することを意味し、おそらく意図的な挑発をも招くだろう。

 この地域は、既に潜在的な紛争を抱えている。中国が南シナ海にADIZを宣言すれば、この地域の平和と安定を崩すこととなる、と警告しています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る