企業ドラマは「戯画」か「偽画」か
日テレ「花咲舞が黙ってない」は続編も好評 テレ朝「エイジハラスメント」、フジ「リスクの神様」……


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

「お言葉を返すようですが……」。東京第一銀行の内部不正を調査する臨店班の活躍を描く「花咲舞が黙ってない」シリーズが夏ドラマで再登場して、視聴率も一人勝ちの状態である。主人公の花咲(杏)の決め台詞が今回も「お約束」である。

 帝都物産の新人女性社員の吉井英美里(武井咲)が、総務部員となって、社内のハラスメントと戦う「エイジハラスメント」も、「花咲」を追走している。こちらのお約束は、英美里が握り拳をぐっと固めて「テメェ、五寸釘ぶちこむぞ!」とつぶやいて、理不尽な上司らに挑む。

 企業ドラマは、その内部に観客の視点を誘う。表面的には知っているようで、実ははっきりとはわかない企業の実態を見せていく。

 ドラマは、普段は知りえない人々の喜怒哀楽を見せてくれる。そこには、事実の風刺という「戯画」(caricature)がある。

銀行の内部を覗いた気分になる「花咲」

 「花咲」第4話(7月29日)は、町田支店の融資課の女性行員である、前原美樹(中越典子)が謎のストーカーにつきまとわれている、という事件である。自宅のマンションに忍び込んだ形跡もあった。

 支店長の春日直道(山田純大)と、融資課長の小見山巧(渡辺いっけい)が事なかれ主義で、臨店班の相馬健(上川隆也)と舞(杏)の調査にも非協力的である。

 相馬と舞は、美樹と相談したうえで、帰宅する彼女の跡をつける。マスクで顔を隠した男を取り押さえてみれば、融資課の後輩だった。美樹にあこがれをもった末の行動だったが、自宅に侵入したことは否定する。

 美樹は支店が融資して、数億円の負債を抱えて倒産した企業の調査を内々にしていた。自宅に持ってきていたその企業のファイルの一部がなくなっていることに、臨店の相馬は気づく。それは、振込先の一覧だった。

 相馬と舞は徹夜で、本店のデータベースからその企業の振り込み実績を一点一点、確認して、ついに不審な振り込み500万円にたどり着く。それは、融資課長の小見山の妻が経営している幽霊会社だった。企業の倒産自体が、小見山と経営者が示し合わせた計画倒産だったことがわかる。振り込みはその謝礼である。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍