田部康喜のTV読本

2015年8月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 英美里の決め台詞あって、小田にいう。

 「あなたは優秀な課長だと思っているけれど、どこの会社にもいるレベルです。部下を成長させられない課長なんて最低です」と。

 毎回繰り広げられるハラスメントの数々は、現代の企業では表面的には抑えられて、水面下に潜んでいるようである。ハラスメントは罰せられるのが常識である。

 「エイジ」の戯画は、日本企業の内部に潜む根深いハラスメントを明らかにしている。

 「戯画」ならよいが、「偽画」(fake)は、企業ドラマの本質を傷つける。ふたつの違いはなかなか難しいが。

堤真一と戸田恵梨香の魅力にひかれる「リスク」

 フジテレビ「リスクの神様」は、米国でもリスク管理の第一人者となった、西行寺智(堤真一)と、彼の部下となった神狩かおり(戸田恵梨香)の物語である。

 「偽画」がちらついて、ストーリーに深く入れないことを述べる前に、日本を代表する俳優である堤と戸田の魅力にひかれて毎回見ていることを告白しなければならない。

 そのうえで、自走式掃除機が火災を起こしたふたつの案件の解決のために、ひとつは使っていたクリーニング店に建て替え費用と、息子の就職を世話する条件をだしたことと、ふたつ目のケースでは、主婦に現金を渡したうえに、浮気の証拠写真を渡している。

 企業の常識からすると、これはリスク管理ではなく、かえってリスクを高めることである。

 と、正面切って反発するのも、観客としては大人気ないのかもしれない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る