いま、なぜ武士道なのか

2009年9月25日

»著者プロフィール

 議論を尽くせば考えは深くなる。しかし、考えすぎも長いとかえって思案を腐らせる。下されるべき時機にその判断が下されることのほうが、時として大切である。
『葉隠』は、「十言を一言で」「七息思案」など具体的な方法で決断のために意識を変えることを薦める。つまり要点を押さえて相手に伝えることや、伝える時機を逃さないことを説く。

十言を一言で言おう

 対話・討論ということが、最近特にやかましくいわれている。それは、相互理解を深めるために重要ではある。しかしそれが万能薬であるとはいいきれない。もう一度原点に立ちかえって考えてみる必要がある。 

奉公の心がけをする時分、内にても外にても膝を崩したる事なし。物をいはず。言はで叶はざる事は、十言も一言で済ます様にと心がけしなり。山崎蔵人などかくの如きなり。

(現代語訳)
奉公の修行をしていた頃、内でも外でも膝を崩したことはなかった。物もいわず、どうしてもいわなければならない時は、十言を一言ですますように心がけたものである。山崎蔵人などはこのような人物であった。

 言論の自由ということは、おしゃべりの自由ということではない。この自由をあまりにも浪費をしすぎるために、ホンネが伝わらないことがある。

 人間関係をよくするという美名のもとに、おしゃべりが多すぎ肝心な仕事がおろそかになることさえある。以心伝心、つまり口でいわなくとも心が通じる工夫というものが大切である。

 十言を一言ですますことは、能率がよいばかりでなく正確なものである。短くして、しかもいうべきことをいうには、相手の意見をよく聞かなければならない。その態度から一種の風格も出て説得力も生まれてくる。その逆に、おしゃべりが多すぎると、枯葉のざわめきのように、かえってうとんじられ説得力を欠くものとなる。リーダーにはいうべき時と、いわざる時の心得も必要である。

七息思案 ――七息つく間が決断のポイント

 ことにのぞんで慎重でなければならないのはいうまでもない。ところが、この慎重ということが、なかなかのくせものである。もともと慎重を期すことは、当人にとっては重要な事柄についてである。重要であるからこそ慎重でなければいけないともいえる。そしてこの慎重の裏側をのぞけば、迷いであることが多い。慎重と迷いは、同じものを角度をかえて見ているにすぎないのではあるまいか。

古人の詞に、七息思案と云ふことあり。隆信公は、「分別も久しくすればねまる。」と仰せられ候。直茂公は、「万事しだるきこと十に七つ悪し。武士は物毎手取早にするものぞ。」と仰せられ候由。心気うろうろとしたるときは、分別も埒明かず。なづみなく、さわやかに、凛としたる気にては、七息に分別すむものなり。胸すわりて、突っ切れたる気の位なり。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る