田部康喜のTV読本

2015年9月3日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 木島は殺人事件の犯人を美沙だと勘違いして、自首したのだった。事件の結末は意外な人物による犯行であることがわかる。

 「刑事七人」は、天樹にライバル心を燃やす沙村(高嶋政宏)、そして沙村と捜査の方向をめぐっていつも言い争う、水田環(倉科カナ)の軽妙なからみあいが面白い。

 さらに、抜群の鑑識能力を発揮しながら、一室に引きこもっている山下巧(片岡愛之助)の真面目な仕草が笑いを誘う。

 本家のTBSはどうか。刑事モノに限っていうならば、「相棒」のテレ朝の後塵を拝しているようにみえる。そして今回の「刑事七人」である。

 「警視庁南平班」は確実に視聴率を上げているが、帯ドラマにはなりそうもない。

 ベテラン刑事役に火野正平を配して、女性刑事役の伊藤かずえ、南平と同行することが多い刑事に鈴木一貫らメンバーの俳優たちは申し分ない。

 それぞれの個性がもっと豊かに描けれていたらよいのに、と思う。私としては、火野の演技にカタルシスを感じたいものである。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る