WEDGE REPORT

2015年9月4日

»著者プロフィール
閉じる

溝口 敦 (みぞぐち・あつし)

ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年東京生まれ。主として日本社会の暗部である暴力団や新宗教に焦点をしぼってジャーナリスト活動を続ける。『食肉の帝王―巨富をつかんだ男浅田満』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞。『ヤクザ崩壊 侵食される六代目山口組』『細木数子 魔女の履歴書』(ともに講談社プラスアルファ文庫)、『山口組動乱 2008~2011 司忍六代目組長「玉座復帰」の光と影』(竹書房)など著書多数。

 今年6月、福岡県警は北九州市を牛耳る工藤會・野村悟総裁を所得税法違反容疑で逮捕した。工藤會では月に約2000万円の会費が集められ、その4分の1、約500万円が野村総裁側に渡されていたという(年額では6000万円)。一昨年までの4年間に約2億2000万円が渡り、おおよそ8800万円を脱税したとして、野村総裁は逮捕された。

 脱税による暴力団トップの逮捕は警察にとっては大金星である。警察庁は「福岡でやれたことがよそでやれないわけがない。脱税でトップを挙げろ」と全国の警察に号令を掛けた。司組長の収入は野村悟総裁のより一ケタ違う。兵庫県警や大阪府警、愛知県警が神戸山口組側から提供される情報に飛びつき、「司組長を所得税法違反で逮捕」を狙うと予測するのは必ずしも妄想ではない。

3代連続で名古屋系の組長が続く

名古屋市街(iStock)

 分裂のもう1つの理由は弘道会による長期的な人事の壟断である。司忍組長--髙山清司若頭(東京・府中刑務所で服役中)--竹内照明若頭補佐という世代を異にする3人の弘道会出身者が今後3代に渡って山口組組長の椅子を独占する構えにあるらしい。

 つまり髙山若頭の服役で山口組の若頭は実質的に空席であるため、近々竹内若頭補佐を若頭に据える動きがある。組長への道は若頭からというコースがふつうだから、六代目山口組組長が今の司氏、次の七代目が4〜5年後刑務所を出所することになる髙山氏、八代目が竹内氏というのはさほど突飛な観測ではない。

 阪神地域の直系組長たちが、「山口組は神戸で発祥し、神戸で大を成した。弘道会による今後3代にわたる組長独占は神戸の山口組を名古屋の山口組に変質させてしまう」という危機感を持ったとしても不思議ではなかろう。

 9月1日、山口組本部に直系組長たちを集めた定例会が開かれた。出席した直系組長の中にはもともと神戸山口組への移籍が確実視されている者も含まれ、明らかに従来の山口組が神戸山口組の切り崩しに成功したケースと見て間違いない。しかし、この日参加した直系組長たちが1カ月後、2カ月後、山口組を動かないかどうかは誰にも予測できない。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る