今月の旅指南

2015年9月25日

»著者プロフィール
閉じる

狩野直美 (かのう・なおみ)

東京生まれ。フリーライター。旅行業界誌の記者・編集者を経て、1994年からフリーランスに。主に海外旅行関連誌、ウェブマガジン等に記事を執筆中。

 京都にある古社、上賀茂神社の正式名称は賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)。祭神の賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)が神社の北北西にある神山(こうやま)に降臨したことに由来し、創建された。今年、42回目となる、21年に一度の式年遷宮を迎える。国宝に指定されている本殿および権殿(ごんでん)をはじめ、重要文化財の建造物の屋根の葺き替えや建具・金具の補修など、大規模な修復が実施され、正遷宮が10月15日に斎行される。

境内全域がユネスコの世界文化遺産に登録されている上賀茂神社

 今回は、式年遷宮に際し10月23日から25日までの3日間、宮本亜門が手掛ける奉納劇が上演される。上演場所は、境内の二の鳥居内に特設される野外会場で、世界文化遺産に含まれる細殿(ほそどの)や舞殿(まいどの)、土屋(つちや)
などの建物が舞台として使用されるのは初の試みとなる。

 劇のタイトルは「降臨」。「山城国風土記」に記された、賀茂別雷大神の誕生神話を基にした創作劇で、賀茂別雷大神の母、賀茂玉依比売命(かもたまよりひめのみこと)を主人公に、音楽や舞、語りで構成される。作・演出を宮本亜門、語り部を女優の小雪が務めるほか、日本舞踊家の尾上紫(おのえゆかり)や藤間信乃輔、俳優の団時朗らが出演。賀茂別雷大神が降臨する場面は、映像や照明、特殊技術を駆使した演出になるという。奉納劇は17時開演(24日のみ19時30分開演の公演もあり)で、計4回上演される。

上賀茂神社式年遷宮奉納劇「降臨」
<開催日>2015年10月23~25日
<会場>京都市北区・上賀茂神社(東海道新幹線京都駅からバス)
<問>キョードーインフォメーション☎0570(200)888
*式年遷宮については
<問>上賀茂神社☎075(781)0011
(キョードー大阪)http://www.kyodo-osaka.co.jp/schedule/E015630-1.html
(上賀茂神社)http://www.kamigamojinja.jp/

*情報は2015年8月現在のものです。料金・時間・休館日などの詳細は、お出かけの際、現地にお確かめください

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2015年10月号より

 

 

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る