書籍詳細

法を通してみたロシア国家――ロシアは法治国家なのか
渋谷謙次郎 著

目次
立ち読み

 

ロシアは、領土問題や資源外交などで国際的に注視されている。そうしたなか、ウクライナ政変とそれにつづくクリミアのロシア編入は世界の耳目を集めた。ロシアはリベラル国家なのか――。
本書は、ロシアの立憲制度と権力のあり方をソ連成立時にまで遡って歴史的にたどるとともに、トルストイやドストエフスキーなどのロシア文学を通して「社会と法」について考察する。また、プッシー・ライオット事件、同性愛宣伝禁止法など、最近の問題にもふれて、今後のロシア国家の行方をうらなう上で必読の1冊となっている。

 

<書籍データ>
◇四六判並製 336ページ
◇定価:本体1,600円+税
◇2015年10月1日発売
◇ISBN: 978-4-86310-152-4

<著者プロフィール>
渋谷謙次郎(しぶや・けんじろう)
神戸大学大学院法学研究科教授。1969年、神奈川県生れ。早稲田大学法部卒業後、モスクワ大学留学。1999年、東京大学大学院博士課程単位取得退学。東京大学社会科学研究所研究員を経て、神戸大学大学院法学研究科助教授。2009年より現職。主要研究テーマは、現代ロシア法の諸問題。著書に『欧州諸国の言語法』(三元社、2005)、『言語権の理論と実践』(共著、三元社、2007)、訳書にテリー・マーチン『アファーマティヴ・アクションの帝国』(共訳、明石書店、2011)等がある。
 

>>Amazonで購入する
>>紀伊國屋書店ウェブストアで購入する
>>セブンネットで購入する
>>楽天ブックスで購入する
>>hontoで購入する
>>丸善&ジュンク堂ネットストア

 

 


 

 

法を通してみたロシア国家――ロシアは法治国家なのか

※下記のサイトでこの本を購入することができます。

Wedge最新号のご案内
2016年12月号

2016年12月号(11月19日発売)

特集
クールジャパンの不都合な真実

»詳細を見る

ひととき最新号のご案内
2016年12月号

2016年12月号

特集
水郷・柳川紀行 立花宗茂という武将がいた!

»詳細を見る

WEDGEInfinity へ
「ウェッジの書籍」の内容は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて一部を読むことができます。