風の谷幼稚園 3歳から心を育てる

2009年10月9日

»著者プロフィール
著者
閉じる

野村 滋 (のむら・しげる)

株式会社コンテンツ・ファクトリー代表

情報誌会社勤務時代に取材で、創立間もない風の谷幼稚園と出会う。その後12年間、風の谷幼稚園の変遷を追い続けている。風の谷幼稚園の教育実践記『4歳の胸のうち』『5歳の誇り』を同社から出版。

 「人間として誇りを持って自分らしく生きていく。そんな子どもを育てたい」

 風の谷幼稚園が掲げる教育目標を端的に言い表すならば、この一言に集約される。

 では、「誇りを持って生きていく」というのは、どのような状態を指しているのだろうか? また、3歳から5歳の幼児が「誇りを持って生きていく」ことなどできるのだろうか? この質問に対して天野園長は答える。

幼児期に身につけておくべき「3つの力」

 「誇りを持って生きるとは、言葉を換えれば、自信を持って生きるということです。自分の可能性を信じ、自らの手で未来への夢と希望を描ける。そんな子どもを育てるためには、幼児期に必ず育てておかなければならない『3つの力』があります」

 そして、その「3つの力」とは、以下の内容だという。

1) 生活力(身辺の自立)
    (ア) 衣服の自立…着脱、衣服や持ち物の管理、状況に応じた服装ができる判断力など
    (イ) 食の自立…食べることへの興味・関心を高める、味覚を育てる、食べるための道具を使
          いこなす技術の獲得など
    (ウ) 排泄の自立…朝の排便習慣の獲得、健康管理への関心を高めるなど
2) 人や自然と交流できる力
3) 「問題は必ず解決できる」という思考力

 なお、この『3つの力』については第3回以降で詳しく解説するが、これらは天野園長自身の豊富な教育経験に基づき確立された、時代や環境が変わっても幼児教育に決して欠かすことのできない力である。そして、風の谷幼稚園の教育カリキュラムは、すべてがこの『3つの力』を育てるために設計されている。

「何かがおかしい」この時代
改めて躾の大切さを問う

 ところが、この幼児期に身につけさせるべき力が「大人の勝手な理屈によって十分育てられていないのではないか」という危機感があるという。その一例が「価値観の多様化」という言葉の一人歩きだ。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る