田部康喜のTV読本

2015年10月8日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

  誘拐された乳児の母親役の安達祐実は、「家なき子」(日本テレビ・1994年)で、「同情するならカネをくれ!」の名セリフを残して、天才子役ぶりをいかんなく発揮したが、いまでは舞台でも活躍する名脇役である。生殖医療にすがり、そして我が子を奪われる母親の演技はみるべきものがある。

  速水の先輩刑事である、西室義一(手塚とおる)は独特のマスクと声音で癖のある役でおなじみである。

  そして、捜査の指揮をとるエリートの警視庁捜査一課の管理官・与那国令子役の松下由樹である。

  新宿駅に西口に各所に配した部下たちに与那国は次々と指示を出す。しかし、犯人の裕也は現れない。長時間を経て、彼女は現場から部下たちを引き上げる。

  速水(黒木メイサ)はそれが誤りだと瞬間的に判断する。しかし、上司の命令には逆らえない。

  捜査陣が現場から引き上げたのを待っていたかのように、裕也は須佐美から2000万円を持って逃走する。

  与那国は、速水に聞く。

  「裕也はどうしようとしているのか。そして子どもは生きているのか」と。

  速水は答える。

  「裕也はひとりで行動していると思う。そして、子どもは妻のトモが連れている」

関連記事

新着記事

»もっと見る