2015年11月号
2015年11月号

特集:東海道は五十七次

「東海道五十三次」。安藤広重の浮世絵のタイトルとして知られるこの名称は、もはや、これ自体を一つの熟語として頭にインプットされている方も少なくないだろう。そして、このために多くの日本人が「東海道とは江戸から京都までを結ぶ街道で、その間には五十三の宿場町がある」と思っている。だが、東海道はそれだけではなかった。五十三次目の大津宿から京都に入らず追分を南下、大坂へと向かう。これが、江戸時代にできた「もう一つの」東海道なのだという。そして、そこには五十四から五十七までの四つの宿場町があった。つまり、東海道には「五十七次」あったのだ─。

志田 威=案内 春日太一=文 阿部吉泰=写真

■特集.1
東海道は五十七次
志田 威=案内 春日太一=文 阿部吉泰=写真

●東海道五拾七次之内 伏見
●東海道五拾七次之内 淀
●東海道五拾七次之内 枚方
●東海道五拾七次之内 守口
●東海道五拾七次 大尾 高麗橋
●東海道は五十七次◎案内図

■特集.2
粋・新・洒・珍 江戸袋物
田中敦子=文 渞 忠之=写真

この熱き人々  
吉永みち子=文 岡本隆史=写真
宮本亜門 (演出家)

京都の路地 まわり道  
千 宗室=文
おばんざい

古道具もの語り  
坂田和實=文 奥山晴日=写真
埴輪のトルソー

旅ことばの旅  
中西 進=文 井上博道=写真
わりご

おいしい風土記  
向笠千恵子=文 荒井孝治=写真
岩手の風土の中の「そば」「雑穀」 岩手県葛巻町

パノラマ日本史  
恵美嘉樹=文
太田道灌の江戸

こだま酒場紀行  
大竹 聡=文
祇園サンボア[京都駅]

中世不思議ばなし  
西山 克=文
鉄輪の恋 鬼神化のアイテム

ひとときエッセイ「そして旅へ」  
光野 桃=文
旅する母

芭蕉の風景  
小澤 實=文
ふり売の雁ン哀なり夷講[東京都江東区]

十一月の旅指南  
狩野直美=文
京都市・17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち展 ほか

旅の小箱 from JR東海、JR西日本
●Japanese Beauty Hokuriku
●日本の「美観」は、北陸にあり。世界文化遺産登録で注目の長崎へ
●「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」始動!
●ホテルグランヴィアの「冷凍おせち」の魅力
●史跡 御土居を染める錦繍の紅葉 京都・北野天満宮へ
●「親子で行く修学旅行」発売中!
●「奈良学ナイトレッスン」に参加しませんか

ひととき倶楽部
読者からのお便り、ひととき旅川柳、次号のお知らせ、
今月のプレゼント など
ルートマップ、東海道・山陽新幹線時刻表

>> 紙で購入
>> Fujisanマガジンで購入
>> セブンネットで購入

お電話からの申し込みお問い合わせ 0120-34-3746 午前10時~午後5時(土日祝日を除く)
最新記事の一覧 WEDGEInfinityへ

「ひととき」の一部の記事は、WEBマガジン「WEDGEInfinity」にて記事全文を読むことができます。