家電口論

2015年10月21日

»著者プロフィール
閉じる

多賀一晃 (たが・かずあき)

生活家電.com主宰

スマート家電グランプリ審査員。主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。また米・食味鑑定士の資格を有する。水、米、パン、珈琲、お茶の味に厳しい。

画一でない展示会

 IFAの会場は、いろいろな意味で賑やかです。裏の方では、B to B、B to Cのビジネスが行われているのですが、表の方では小さい子が生ジュース飲むのに並んだり、ステージ上のショーに見入ったりしています。若いカップルは、食器洗い機と洗濯機の品定め。IFAの会場は広いですからね。ただ並べるだけでなく、使用可能なコーナーもあれば、ショールームのようにリビングなどにセットされた状態展示もあります。

 ここは日本の量販店と異なります。またB to Bの商談にもいろいろ便利です。その上、中庭には屋台が並び、コンサートも行われています。さらに、アクセスがイイです。ベルリン市内なら、30〜40分位で到着します。要するに、IFAはカテゴリーを増やし、多様性を実現させ、エンターティメント性も上げ、展示会が果たすべき役割を続けているわけです。

良質な情報をユーザーに示すことが、常に必要

 今回、ソニー、東芝などがCEATECに出展していません。実はこれ、非常に損だと思います。よく「ユーザーとの絆」とメーカーは言います。ところが、ネットである程度詳しい情報が流せるようになると、お金が掛かる絆はガンガン切られていきます。展示会もそうですね。

 しかも日本は量販店で本物を確認することができます。しかし、展示会ならではの、見世物もあります。「熱意」と「誠意」です。具体的には、社員による懇切丁寧な対応と説明です。これはネットでもできませんし、量販店でもできません。

 また、未来像の提示も可能です。言葉という曖昧なモノでなく、ビジュアルで見せるわけです。会場来場者が関心を持ってくれたなら、株主も関心を持ってくれます。しかし、今回のCEATECで目立ったのは、半端な情報と提示です。日本で、B to Cが厳しいと言います。しかし、本当にそうなのでしょうか?

 「絆」「絆」と言いながら、切っていませんか?

 確かに「絆」ができる展示は難しいです。だからこそ、クリアできた時の展示会は盛り上がります。一度に顧客獲得もあり得ます。第一、展示会は「好奇心を持ったユーザー」が集まるのですよ。そのためには、質を下げないことがポイントになります。「行って得したなぁ」と思ってもらえる展示。それを目指さないと、数年後、CEATECの開催は厳しいかも知れません。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る