2009年11月号
2009年11月号

特集:ふぐ 日本人の口福

まもなく本格的な寒さが到来しようかという昨今、突然ですが、冬の味覚の王者は「ふぐ」であるとここに宣言させていただけませんでしょうか。
なにしろ鍋や刺身はもちろん、焼いても揚げてもおいしく、 そのうえ皮に白子に、そうそう、ひれ酒もけっこうなもの。 石器時代から食されているとかで、魚名は記紀にも登場します。 しかし、惜しむらくは毒のあること。そのため戦国時代から明治の世まで、 公にはふぐ食が禁じられていたという不幸な過去がありました。 おそらく日本を代表する食の中で、ふぐほどその美味を賞賛されながら、近代に至るまで日の目を見なかった文化はないでしょう。時節柄、口に入れれば福、たちまち幸いをもたらすというふぐのお話のはじまりです――。
photo:荒井孝治

[新連載]京都の路地 まわり道 ①
千 宗室・文  井上隆雄・写真
主人のスタイル

今月の旅指南
京都市 何必館・京都現代美術館「北大路魯山人展」 ほか

特集
ふぐ――日本人の口福
ペリー荻野/文  荒井孝治・写真

●魚の王のひみつ 岸和田ふぐ博士訪問記
●当世最新ふぐ事情 ふぐを求めて西へ東へ [下関・浜松編]

今を決めたあの時
吉永みち子・文 赤城耕一・写真
服部有吉 バレエの次代を拓く

ひととき通巻100号記念
「新幹線俳句大賞」募集

個人美術館ものがたり
赤瀬川原平・文 川上尚見・写真
メナード美術館――粒よりの絵が味わえる

ひとときエッセイ「そして旅へ」
橋本 治
「ジーパンを買いに行って木曽義仲に会う」の巻

伊勢、永遠の聖地
千種清美・文/写真
変えられないことの難しさ

万葉から吹く風
上野 誠・文 井上博道・写真
ひょうたんからオペラ――日本・唐・ベトナム・渤海

粋を継ぐわざ
田中敦子・文 渞 忠之・写真
「江戸象牙」 桜井 実

名作のひととき
中西 進・文 林 義勝・写真
加古川・野とアリランの抑揚――宮本百合子『播州平野』

ちょっと寄り道うまいもの
森枝卓士・文/写真
気軽に満喫 京都の老舗弁当

鉄道の殿堂
梅原 淳・文  結解 学・写真
知られざる世紀の難工事・紀勢本線全通

芭蕉の風景
小澤 實
猿蓑塚・長野峠 三重県伊賀市

[新連載]古代史紀行 アキツシマの夢 ① 
恵美嘉樹
女王卑弥呼の真実

旅の小箱 fromJR西日本、JR東海
●熊野古道キャンペーン アクセスバスで手軽に、じっくりと
●歴史と伝統に触れる旅。この秋、石見銀山がおすすめ
●キャンペーン好評開催中 秋の倉敷へ、おいでんせぇ!
●マイカーより月約2万円もおトク! カーシェアリング「エコ乗りくらぶ」
●とっておきの紅葉を訪ねて 盛秋の京都・西山三山へ
●秋のさわやかウォーキング開催中!