東広島駅
~西条酒蔵通り美酒探訪~


旅、散歩、お菓子、手みやげ、クラシックホテルや建築など、女性が好み憧れるモノやコトを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。食・店・風景・人、その土地ならではの魅力を再発見するのが得意。まち歩きや手みやげ講座など、カルチャースクールの講師もつとめる。著書は、『東海道新幹線各駅停車の旅』『電車でめぐる富士山の旅──御殿場・富士宮・富士吉田・清水へ』(ともにウェッジ)など20冊以上。 http://www.loule.net/
『東海道新幹線各駅停車の旅』
見て、歩いて、食べて、それぞれの街を存分に味わいつくした、全17駅
<東海道新幹線各駅の情報が満載です>
東京駅、品川駅、新横浜駅、小田原駅、熱海駅、三島駅 新富士駅、静岡駅、掛川駅、
浜松駅、豊橋駅、三河安城駅 名古屋駅、岐阜羽島駅、米原駅、京都駅、新大阪駅
『電車でめぐる富士山の旅──御殿場・富士宮・富士吉田・清水へ』
4つの登山口と富士山を美しく望める町を起点にした、 登らずに富士山を味わう旅
避暑地別荘の面影が残る御殿場、浅間大社の門前町である富士宮、
富士山信仰の拠点の富士吉田、富士山と駿河湾の景勝が望める清水へ……。

山陽新幹線各駅停車の旅

既刊『東海道新幹線各駅停車の旅』では、東京駅から新大阪駅まで全17駅を旅しました。続いて旅に出たのが、山陽新幹線沿線。全20駅、20通りの旅の紀行。その土地ならではの食べものや、みやげ、菓子をこよなく愛する著者のまなざしを、写真とともにお楽しみください。

»最新記事一覧へ

酒造りに適した冷涼な気候で、質のいい米も穫れ、龍王山の伏流水が井戸水として湧き出る地。江戸時代、西国街道の宿場町として栄え、灘、伏見とともに銘醸地と誉れ高い東広島市・西条へ。俳人・河東碧梧桐はこの町の酒に魅せられ「酒の新都」と呼んだ。JR西条駅からほど近く、現在は「西条酒蔵通り」と呼ばれる旧西国街道周辺で、6つの酒造会社巡り。白壁の蔵、レンガの煙突、風情ある町並みを通り抜け、美酒に舌鼓。

写真:吉次史成(以下、同)

JR山陽新幹線「東広島駅」から約半日の旅の道筋
(※おおよその目安です)

 ~1日目~

<9:00~>
「東広島駅」から「西条駅」へ。
*乗車時間約20分 
*バスの本数が少ないので事前にチェックを(東広島駅~西条駅は、中国ジェイアールバス、芸陽バスが運行)

<10:00~>
「西条酒蔵通り観光案内所」で観光ボランティアガイドとまち散策
*所用時間約90分
白牡丹酒造→西條鶴醸造→賀茂鶴酒造→亀齢酒造→福美人酒造→賀茂泉酒造

<12:00~>
「佛蘭西屋」で美酒鍋の昼食

<13:00~>
「西条酒蔵通り観光案内所」に戻り、隣接する「くぐり門珈琲店」でお茶

次のページ >> 酒都半日滞在
1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「山陽新幹線各駅停車の旅」

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍