WEDGE REPORT

2015年12月5日

»著者プロフィール
閉じる

桑田英彦 (くわた・ひでひこ)

ライター/フォトグラファー

音楽雑誌の編集者を経て渡米。1980 年代をアメリカで過ごす。帰国後は雑誌、機内誌や会員誌などの海外取材を中心にライター・カメラマンとして活動。アメリカ、カナダ、ニュージーランド、イタリア、ハンガリー、ウクライナなど、海外のワイナリーを数多く取材。著書に『ワインで旅するカリフォルニア』『ワインで旅するイタリア』『英国ロックを歩く』『ミシシッピ・ブルース・トレイル』(スペースシャワー・
ブックス)、『ハワイアン・ミュージックの歩き方』(ダイヤモンド社)、『アメリカン・ミュージック・トレイル』(シンコーミュージック)等。雑誌『サファリ』にてカリフォルニアのホテルのコラムを連載中。

 ザ・ブロードは、慈善家(実業家)のエリ&エディス・ブロード夫妻がロサンゼルス・ダウンタウンに総工費1億4000万ドルを投じて設立したモダンなミュージアムだ。グランド・オープンは2015年9月20日、入場無料で一般公開中だ。現在はザ・ブロードに収蔵されている約2000点の作品の中から、ブロード・コレクションを包括的かつ年代順に鑑賞できるように、約60人のアーティストによる250点の作品が展示されている。周辺にはMOCA(ロサンゼルス現代美術館)、ディズニー・コンサート・ホール、ミュージック・センターなどが隣接し、このエリアは新たなダウンタウンのランドマークとなるだろう。

The Broad 221 S Grand Ave, Los Angeles, CA 90012 (213)232-6200 入場無料 11~17時(火・水) 11~20時(木・金) 10~20時(土) 10~18時(日) 定休日(月) URL www.thebroad.org (筆者撮影、以下同)

アメリカンドリームを体現した人生

 エリ・ブロードは1933年にニューヨークのブロンクスで生まれた。6歳の時デトロイトに引っ越し、1954年にミシガン州立大学を卒業している。20歳11カ月の時に公認会計士の資格を取得し、これは当時としては全米最年少記録である。1957年に住宅建設会社を創業し、この業種としては初となるニューヨーク証券取引所への上場を果たしている。1970年代には保険業界に進出し、1999年に所有していた保険会社を業界最大手のAIGに売却して財を成した。

エリ&エディス・ブロード夫妻

 その後、妻エディス(エリが21歳の時に結婚)とともにブロード財団を設立すると、全米の大学に1000億円を超える莫大な寄付を行う。

 すでに世界有数の美術品コレクターとして知られていた夫妻は、毎年多数の美術作品を購入し、世界中の美術館や大学へ作品を寄贈している。ザ・ブロードはこのような夫妻の慈善家としての活動の集大成でもあるのだ。

 ザ・ブロードは最上階の3階がメイン・ギャラリーになっており、約3250平方メートルの展示スペースには柱が1本もない。

 まずは、1950年代後半から1990年代のポップアートを代表するジャスパー・ジョーンズ、アンディ・ウォーホール、ロイ・リキテンスタインなどの作品が出迎えてくれる。続いて進むと、ウォーホールとの共同作業でも知られるジャン=ミシェル・バスキアはじめ、シンディー・シャーマン、ジェフ・クーンズたちの素晴らしいコレクションに目を奪われる。ニューヨークのソーホーやイースト・ビレッジで生まれた斬新な切り口の作品群は現在でも十分に新鮮だ。

「Challenging History」のカテゴリーを代表するアーティスト、ジャン=ミッシェル・バスキアの展示ブース。ウォーホールとの共同制作も有名だ。ブロードでは13作品を所蔵しており、作品の貸出料金が最も高いアーティストのひとりである。彼は28歳という若さで亡くなっている

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る