この熱き人々

2016年1月20日

»著者プロフィール
閉じる

吉永みち子 (よしながみちこ)

1950年、埼玉県生まれ。85年、『気がつけば騎手の女房』で大宅壮一ノンフィクション大賞を受賞。著書に『母と娘の40年戦争』(集英社文庫)、『怖いもの知らずの女たち』(山と溪谷社)、『試練は女のダイヤモンド』(ウェッジ)などがある。

 「常に目の前にスケジュールと目標があった生活から、何もない日々、病気の回復に向き合う時間。何かこれもいいものだって思えました。すべての仕事から離れたけれど、人前で弾く感覚だけは途切れさせたくなかった。だから、小さな会では弾いていました」

 自分の中で大事なものは、改めて確認した演奏家としての自分。30代に入ったころ村治は、人生を充実させるにはギタリストとして演奏することと、自分の家族を作ることの両輪が必要だと語っている。そしてこの休養中に、結婚して新たな家族を作った。これで人生を充実させる両輪が揃ったことになる。

 「休養中に出会った人で、音楽関係じゃないのがよかったかな。私は、両親、弟と本当にいい家族のもとで育ったと感謝しているんです。だから、いい家族の形を継いでいきたかったんです」

 最近、父のギター教室を初めて覗(のぞ)きに行ったのだという。

 「4歳の子に教えているのを見て、ほめ上手だなと思いました。できないことを無理してやらせないんです。こうやって私も音楽の楽しさを最初に教えられたんだなって思いながら、もしかしたら今後、子どもたちにギターの楽しさを教えていくということも私の柱になるのかもしれないと考えていました」

 休養を経てより自由で豊かになったギターとの新たな世界は、いま、始まったばかり。病気の苦しさと引き換えに神がくれたプレゼントは、自由な空を飛べる羽根だったのかとも思う。

 帰り際に左右の手を見せてもらった。右手より左手の方がひと回り大きい。1弦から6弦までの全弦を人差し指で押さえるために、左手自身が長い年月をかけて懸命に努力したかのようだ。ひと回り小さな右手は、ときに強くときには密(ひそ)やかに弦をつま弾くための極上のしなやかさを身につけたように、関節が柔らかい。第1関節がゴムのようにしなって見える。

 「ギターを弾くことを簡単に思ったことは、ただの1度もありません」

 自在の演奏、自由な表現のために、ひとつひとつの音を完璧に出す厳しい基礎練習が、この手を作り上げた。村治がギターとともに生きてきた長い時間がこの言葉に凝縮され、凄みをともなって迫ってくるような気がした。

(写真:岡本隆史)

 むらじ かおり/1978年、東京都生まれ。幼い頃から父にギターの手ほどきを受け、93年に15歳でデビュー。97年よりパリに留学、帰国後は本格的にソロ活動を開始し、数々の交響楽団との共演も行う。03年、イギリスの名門クラシックレーベル「デッカ」と日本人初の長期専属契約を結ぶ。以降、現在までクラシックギター界のトップランナーとして国内外で活躍中。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆「ひととき」2016年1月号より

 

関連記事

新着記事

»もっと見る