海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年2月8日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

—— サンダース候補の「公立大学の無償化」は、いかにも若者ウケする提案です。クリントン候補は賛同していないでしょうか?

黒人の投票権を求めるデモ行進に参加した伝説の人、ジョン・ルイス下院議員(左)が選対を訪問し、ボランティアの運動員に感謝の意を表した(筆者撮影@アイオワ州デモイン選対)

海野 「トランプの息子まで無償化する必要はない」と、クリントン候補は言っています(笑)。いずれにしても、人種的マイノリティやLGBTなどオバマ大統領が選挙戦で作り上げた「異文化連合軍」を踏襲するクリントン陣営としては、若者を取り込むことは必須です。

 サンダース候補は、クリントン候補を「ウォール街から献金をもらうエスタブリッシュメントだ」と強烈に非難していますが、戸別訪問をしてみると、クリントン支持者は「サンダースは良い人です」と批判を控えるのです。

高齢者の運動員。クリントン候補の支持者は高齢者の女性が多い。同候補は若者の支持獲得に苦戦している(筆者撮影@アイオワ州デモイン選対)

 今、若者に向けて訴えているのは、サンダース氏が多くの約束をしすぎているという点です。公立大学の無償化、国民皆保険、ワシントン改革など、いくつもの理想主義的な提案の実現は本当に可能なのでしょうか? と。サンダース候補とクリントン候補の対立の構図は、「理想主義VSプラグマティズム」「チェンジVS改善」です。

 若者からの支持されている元サンアントニオ市長で、オバマ大統領に住宅都市開発長官に抜擢されたフリアン・カストロ氏を副大統領候補として迎え入れるというアイデアもあります。

関連記事

新着記事

»もっと見る